四国の有名な霊山で落下事故、被害者のほとんどは単独登山者→その真相がこちら…

恐怖 0件
亡くなった祖父の後を継ぐため、四国の霊山を参拝目的で登る事に。
足場の悪い中進んでいると、下方から「お~い」と自分を呼ぶ声が聞こえてきて───



 四国ではあまり全国的に有名な心霊スポットがない。超常現象が起きても殆ど噂にならないのです。
 仕事がてら地域のご老人に話を伺う事が多く、みんな様々な不思議体験を語ってくれますが、皆、口を揃えて「狸に化かされたんだ」と言います。不可解な事があっても自然現象だと納得する。不思議な事など何も無い。そんな国民性があるように思います。



 祖父が亡くなった次の年の夏、山開きの日と同時に 霊峰、四国では有名な霊山に登ってきた。死んだ爺さんが毎年熱心に参拝していたので、後を継いで私が行く運びとなったのだ
 相方も行きたがっていたが、初日は女人入山禁止という事でお留守番して頂いた。
 祖父の遺品には修山服の他に参拝札みたいな物があって「何回訪れたのか」というのが分かるようになっているのだが、曽祖父の頃から続けているらしく、山麓で札を奉納すると今年で64回目との事だった。



 ツアーバスで来ているワケではないので移動には時間が掛かる。最低2日必要な日程だっただが宿泊費も惜しいので中腹の山小屋で泊まる事にした。
 山小屋といっても管理者が一人居るだけの簡易休憩所で広さ4畳しかない。おまけに何か臭い。
 初夏の蒸し暑さと薮蚊にウンウン言いながら寝ていると、深夜、いきなり『ドーーーーン!』という音がして飛び起きた。続けて『ゴゴゴゴゴ』や『ドドドドド』と地響きの様な音が聞こえる(JOJOじゃないです)。
 飛行機か何かですかと管理の爺さんに聞くと「山では良くある事」とのことだった。私がしつこく食い下がると

「まともに何度も聞いたら寿命が縮む。早よ寝れ!」

 慌てて目を瞑った。



 次の日、日が昇る前から立つことにする。爺さんが「朝はやめとけ」と言うが、私が正午までに登って下山したい旨を云うと「猿に気ィつけろ」とだけ念を押された。
 しばらく歩くと高さ100㍍、角度は70度を超える崖に着く。べらぼうに高い、下から見上げるだけで眩暈がする。
 そこには2本の長い鎖が打ち込まれており、それだけを足場にして登れというのである。実際、祖父に連れられ何度か来た事はあり、いつもは迂回ルートを通っていたが、今年こそは..と若さ故の過ちか鎖場のルートを選んでしまった。



 朝露で鎖が湿って滑りやすい、四苦八苦しながら半分くらい登った頃、足元で 『お~い』と呼ぶ声がした。
 うっかり下を見てしまう、霧でよくは見えないが高さで頭がクラクラする。もう一度、足元で 『お~い』と呼ぶので返事をしようとした――



 瞬間。背中がズシッと重くなった。
 身体全体がガクンと揺れた。
 何かが、
 何かが背中にしがみ付いている!



 私を落とすつもりか、背中に乗ったソレは身体を揺すり始める。続けて頭に巻いている絞りをグイグイ引っ張り始める。こんな態勢では振り向くことも出来ないが確かに腰に絡みつく毛深い足が見えた。

「猿!?」

 この高さで落ちて、只では済まないだろう 鎖の隙間に手、足、としっかりはめ込んでなんとか振り落とされないようにする。
 下で怒号がする甲高い声で今度は

『 落とせ~ 落とせ~! 』と

 そして背中のヤツは私を何度も揺する。ハチマキが脱げると今度は髪の毛を引っ張り始め何本もブチブチと抜かれる。
 あまりの恐怖に私は目を瞑ったまま泣き喚いた。



 何分経ったろうか、私がじっと我慢していると、下の方で『 チッ 』と舌打ちが聞こえフッと背中の重みがとれた。
 その後、ビクビクしながら鎖を登り終えると、一番近い宮社まで駆け込んだ。爪でガリガリになった修山服を見せながら一部始終を説明する。
 宮司は難しい顔をして、

「腐っても霊場だ、今から私が言う話は聞かなかった事にしてくれ」

 そう前置きし、語り始めた。



 これだけ険しい道な為、確かに落下事故も起こりはするが、死傷者などは滅多に出ない。 稀に起こる事故の大半は独りで登った者が遭うのだそうだ。落ちた人間は揃って、『猿に襲われた』という。
 何でも、この山の猿の中には人間そっくりの声で叫ぶ猿が居て、早朝や夜、独りで登ろうとするとだれもいないハズなのに自分を呼ぶ声がするという。 
 それが本当に猿なのかどうかは分からないが。前々年も一人、早朝に登った参拝者が崖から落ちた。発見された時にはまだ息が有ったらしいが、病院に着く前に亡くなったのだという。

「もう少し見つけるのが早かったら」と宮司は呟いた

 私が「まるで見たかのように話しますね」と聞くと

「...見つけたのはワシだからな。猿ども、割れた頭から脳みそ掻き出して食っていやがった」

 宮司は吐き捨てるようにそう言った。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事