【海外留学中の体験】アメリカの島でバスに乗ってたら「きさらぎ駅」のような不思議な場所に着いた

恐怖 0件

1:
なんか記憶おぼろげになる前にカキコする。
興味があったら聞いてってください。

 

2:
8月から9月後半までにかけてとあるところに短期留学に行ってきた。
バス通学だったんで、その時のバスで起こった話です。

 

3:
学校はいつも3時ごろに終わるので、3時半?くらいのバスに乗って片道一時間二十分かけてステイ先の家まで帰ってました。

 

4:
確か記憶ではその日は水曜日でした。
水曜日は学校が二時くらいに終わるからいつもより一本早めのバスで、ルームメイトの子と2人でかえってた。
めちゃくちゃ長い時間バスに乗らないと行けないからやだなーって思いながらぼーって外を見ながらバスに揺られてた。

 

5:
気づいたら寝てて、あーやばいなそろそろ着くかも、って思って目を覚ましたら車内はわたしとルームメイトの子と2人っきり。
家が田舎の方だったし、割となんどもそういうことになったことあったからその時はそんなに不思議に思わなかった。

 

7:
外みたらなんかめっちゃ霧がすごくて、霧とかできるような場所じゃなかったから焦ったの覚えてる。
ルームメイトの子は何度起こしても、揺らしても起きなくて諦めて寝かせてた。
わたしは携帯で音楽聴きながら、もーそろそろかなって揺られてた。 
 
その時時間はすでに四時過ぎ。
二時半くらいにバスに乗ったのにまだ着かないから、途中で事故にでもあったのか?って思ってたけどこの辺からもうおかしかったのかな。

 

9:
そこの地域のバス停っていうのが、ポールが立っててBUSSTOPって看板と番号だけ書いてあるんだよね。
で、バス車内の前方に電光掲示板で421:(地名)的な感じで表示されるの。
長い時間起きてたけど、その表示すら見えなくてそろそろ変だなって思ったの。

しかも、全然バス停に着かないから運転手の人に聞きにいこうって思って話しかけに行ったのよ。
で、聞いたらとりあえず今は少し座ってなさい、って言われたから席に戻った。

 

10:
んで、15分くらいバスが走って、人が1人立ってるバス停を見つけたんだよ。
お、人おるやん!バス停あるやん!って思って安心したんやけど、そのバス停に止まってその人のるんかいなって思ったけど乗らんし、運転手さんはバスのドア開けんで止まってるだけ。

バスは5分くらい停止してて、また動き出した。

わたしはそのバス停側の窓席に座ってたからバス停の番号を見たんよね。
66ってだけ書いてあって、なるほどなあ覚えとこかなって思ってそのままだったんよ。

んでまた濃い霧の中をずーっと走ってたんだけど、まだ着かない。
長すぎやん思って運転手の人にまた聞きに行くわたし。
「留学生?」って聞かれたからそうだ、って言ったら「君は聞き分けのいい子だから分かるね?君は、何もみていない。」って、すごく諭されるような言い方で言われた。
その時点でなんか変なやつに引っかかったんやなってわかったんだけど、気になるもんは気になるし。

 

139:
>>10
謎のバス停に立ってた人ってのも気になるね
日本の都市伝説だとあの世の住人だったり時空のおっさんみたいな異世界の番人だったりとかいうパターン多いけど

 

143:
>>139
そうですね…あの女の人は何者で、なんのために立っていて、なぜドアは開かずにそこに停車しないといけないのかとか考えたらきりが無いくらい疑問符が浮かびます。

 

11:
期待

 

13:
>>11
ありがとう!

 

12:
とりあえずわかったふりして、また席に帰って、バスに揺られてた。

それでどうにか家の前のバス停に着いた。
この時18:15とかでめちゃくちゃ遅かったの覚えてる。
ルームメイトの子は「なんか今日めっちゃよく寝れたんよ!」っていうし、いや当たり前、時間遅いやんって言ったら「事故ってたん?渋滞?」とか呑気なこと言うし、わたしがさっきまで見てたのは幻だったのかなーって思った。

家に帰ってホストマザーから「今日は遅かったけど、どうしたの?」って聞かれたからあったことを全て話した。
笑わないで聞いてくれて、少し考え込んだあと話してくれた。
「前からバスで通るとたまにそう言う駅に出会うことがあるの。
運転手はみんなそこには止まって、ドアを開けるなって言われてるのよ。
そこの駅に行く時はいつも霧がすごく濃ゆい中を走って行って、長い時間運転させられるの。
あそこで降りたり、人を乗せたら帰ってこれないって言われてるわ。」
的なことを言われた、わたしの英語力で聞き取ったから少し違うところがあるかも。
だから日本にも似たようなのがあるのよって話をしたら、どこにでもあるのねぇって感心された。

ただ一回行った人はこれからも連れていかれやすくなるから気をつけなさいなって。
怖がらせないでよママ…。

 

14:
これが9月の半ばだったから、ほとんど留学も終わり頃であと何回かしかバスに乗らないって時だったけどめちゃくちゃ怖くてそれからバスはずっと寝て過ごした。笑

何より怖かったのは運転手さんの諭すような態度。
あの人は多分なんども同じことをしたんだとは思うけど…冷や汗出てたし、今考えると異常だった。

全然過疎スレだし、わたしこんなの慣れてないけど質問あったら答えます。

 

15:
とりあえず自分の中で消化不良だったこと吐き出せてよかったです。

まあ今日1日くらいはこのスレ監視してるからなんかあったらカキコしてください

 

16:
(海外なら写真貼らなくても押しきれるんじゃね?)
って考えてるとしたら相当おつむが弱いなとしか…
きさらぎ駅の百番煎じ飽き飽きだわ
存在しない不気味な駅の看板や駅舎や風景とか
写真を一枚も撮らないのはあり得ないし
たまたまカメラ壊れてたとか写したのに撮れてないとか
百番煎じ体験した奴全員揃いも揃って写真が無いって…
創作以前の問題で呆れるより他はない

 

17:
>>16
呆れてるならそれでいいし、創作と思われるならそう思われても大丈夫です!
読んでくださってありがとうございます!

 

18:
ちなみに写真がないとの指摘を受けましたが、バス停を通ってる時や止まってる時はおかしいだとかを感じませんでした。

ただいつもより長い道のりだなあとか呑気なとこしか考えてなくて、不思議に思ったけど写真に収める程度のものではないと思ったので写真は撮ってません。
バス停の形状も普通のものだったし、なにより女の人がいたから勝手に撮るのは盗撮まがいの行為になると思いやめました。
そこらへん説明不足ですみません( ; ; )

 

19:
まぁ、起きてる最中は普段はそんななんでもないような風景とか写真撮らないよねぇ…

ところで海外のバス停とかスクールバスとか詳しくないんだけどその『66』みたいに数字だけのバス停ってよくあるの?

 

21:
>>19
だから撮らなかったことに後悔してます…。

あります!なんかバスのマークとバスストップの文字、ポールに番号だけって言うのがその町では普通でした。
でも他の普通のバス停にはそこのバス停に止まるバスの番号が書いてあるボードがあるんですけどそこだけなかったです。

 

20:
ちなみにバス停待ってた人はどんな感じだった?

 

22:
>>20
普通の女の人で、白人の方でした。
服もジーンズとTシャツでぱっと見変ではないんですけど、顔の印象が薄いって言うか、なんもない?顔でした。
なんか言いにくい…

 

23:
スレ落とさないように適当に話します。

今回の留学先、言ったら有名なところだし日本ともいろいろあったところで、歴史も長いから変なことがあってもしょうがないかな的な考えはありました。

留学中は他にも変なことは色々あったんですけど、今回のこの体験が一番不思議だなーって思いました。
慣れない環境で神経が尖ってたってこともあるとは思うけど、こうもなんども変な間に合うと応えますね…_:(´ཀ`」 ∠):

 

28:
でも写真撮らなくていい正解だったかもしれないよ
写真を撮るということはその世界との繋がりを持つということだからね

良く言うじゃん、黄泉の国の食べ物を絶対食べてはいけないって
あれと同じ理屈でね、無事帰って来れただけでも幸いと思わなきゃね

 

29:
>>28
そうですね!
帰ってこれただけ幸せ者だと思います。

 

32:
スレ落とさないために…

ホームステイ先は山の方にある一軒家でした。
めちゃくちゃ綺麗で広い家だったんですけど、なーんか不思議だなーってことはよくありました。
シャワー浴びてる時に謎の歌が聞こえてきたり、部屋で休んでる時に廊下から小さい女の子の声が聞こえるけどうちに小さい女の子はいないし…。

ホストファミリーはめちゃくちゃいい人だから全然良かったけど不思議だなー変だなーって思うことはよくありました。

リビングでテレビを見たまま寝落ちしたことがあった時に、リビングの窓の外にずっと誰かが居る気配があったりしました。
テレビが窓の上の壁に掛けられてて、そっちを向いてソファーに寝てたんですけど、人の視線を感じて眠れない…とか。
多分神経が尖ってただけだとは思うんですけどねw

 

45:
なんか一瞬拉致事件とかそういうヤバい事件に巻き込まれたのかと思ったよ
どんな治安の国かは知らないけど無事に戻れて何よりだったな

我々日本人が知らないだけでどこの国にも似たような都市伝説や怪奇体験はあるんだね
しかし運転手が職務に忠実でワロたわ
なんかそういう怪奇事案の対応マニュアルとかあったりしてね

 

48:
>>45
そんなことではなかです!お騒がせしてすみませんw
治安はわるめの国だから、少し不安でしたけど無事に戻ってこれてよかったです!

ホストマザー曰く、そこら辺の土地には他にもいろんな話があるらしくてなんかかは教えてもらいました!
運転手の方の賢明な判断で、無事でした!でも今思えば顔色も悪くて汗かいてたから、怖かったのはみんな一緒だよな…って思います。それでもそれをおくびにもださず、わたしを諭してくれてすごくいい人だなぁって思いました!

 

46:
聞きたいこと、の間違いです

 

47:
個人的にはこういう話もっと聞きたい
最近のオカ版霊視しますとかそういうのばっかでつまらなかったんだ
n番煎じとか言われてももっと聞きたいから聞かせてくれ

 

49:
>>47
ありがとうございます!

 

50:
>>49
面白かったよ!
変な事色々ってあるけど他にはどんなのがあったの?

 

53:
>>50
割と色々あったので何から話すか悩んでますw

 

59:
>>53
まあここまでスレ伸びてればもう滅多なことでは落ちないから
気の向くままに追い追い語っていただければいいんじゃないか
似たような都市伝説でも国によって違いがあってなかなか新鮮で興味深い

ところでルームメイトってその家の娘さんなのか
それとも一緒に日本から来た子なのか

 

62:
>>59
ならのんびりーと話したいこと話して行きます!
ですねー元々オカルト系が大好きでこのスレもよく見てたのですが、まさか海外で経験するとは…。向こうで書き込もうとしたら海外なのでできなかったですw

ルームメイトは日本から来た子です!ホームステイ先で初めてあった子でした。

 

51:
ホストマザーから何個か聞いたその土地の都市伝説の中の一つです。

家が山の中にあり、そこまで行くのに結構な坂道があります。
坂の下に大きなスーパーとかがあるショッピングセンターがあるんですけど、そこに行った際に聞いた話です。

歩いて20分くらいで着くところだから何度かルームメイトと歩いて行くことが多々ありました。
ホフトファザーしか家にいなかったから、ファザーに伝えて散歩行くねって夕方5時くらいから外に出かけました。
携帯も持って行かずに、五ドル札だけを手に持って、1人でスーパーへと向かいました。
ルームメイトの子は疲れていたので部屋で休んでました。

スーパーについて、バブルジュース買って、さぁ帰るぞーって時に車からクラクションを鳴らされて、見てみるとホストマザー。
いつもより少し青ざめた顔で、お迎えに来た、と伝えてくれました。
歩いて帰るからよかったのに!と伝えたら、話があるからとりあえず乗って、と言われ車に乗せられました。
ドライブにでも行く?と言われて、ドライブに連れてってもらいながら話をされました。

あの辺の土地では夕方ごろになると年頃の女の子が誘拐?神隠しされるって言う話があるそうです。
ホストファザーは散歩だと私が言ったので5分くらいで帰ってくるかと思ってたがなかなか帰ってこなかったため外に出ていたマザーに電話をかけ、私がいそうなところをかたっぱしから探し回ってくれてたそうです。

 

52:
そうとはつゆ知らず、私はバブルジュースを飲みながら優雅に歩いていて…申し訳なかったです。

誘拐というと、人が人をするイメージですが、その土地では神様?的な存在のものが好みの年頃の女の子を見かけると妻にしようと連れて言ってしまう、という感じでした。

その話を聞いてからは夕方には外出を控えるようにしました…。

 

54:
神隠しって割と万国共通な都市伝説の定番なんだね
英語では「Spirited Away」って言うんだっけ
世界的にも有名な「千と千尋の神隠し」のあちらのタイトルにもなってるね

 

55:
>>54
そうです!
Spirited away もしくはSpirited offで神隠しを示します。

神隠しは日本だけじゃなくて、万国にあるものなのだと思いました…。
でも妻にしたいからって勝手にさらうのはやめてほしいですね…

 

56:
シャワー中に歌を聞いた話

いつも通り7時頃にシャワーを浴びてたら歌声が聞こえてきました。
遠くからと言うよりは耳のところで囁かれるような感じの歌でした。
歌詞も聞き取れないことはなかったけどシャワーを流してる時にしか聞こえないから部分部分のみ。

覚えている限りでは、「水は流れる、流れは止まらず、永遠に流れる」とかそんな感じでした。軽快?な感じで、聞いててこちらも鼻歌を歌いたくなるような感じの歌でした。

日本でもシャワー中にしか聞こえない声とかあるよって聞いたことあるからその類のものだろうなーって思います。

多分水の妖精とかの声なのかな?
別に支障はないし帰るまでずっと妖精さんの歌、聞いてました。

 

57:
海外行った人はヒマじゃないから長文も5chにもこんなに粘着するわけない

 

58:
>>57
高校生で時間は有り余るほどあるんです…ガキのスレに付き合ってくださりありがとうございます!

 

64:
>>61
そうなのですね…初知りです!ありがとうございますー!
そうしてみます!
それまでに書きたいことだけ書いてまた勉強に戻ります!

 

65:
リアルに怖かったこと(人間系)か不思議なこと(オカルト系)を話すか悩んでるΣ(゚д゚lll)か

 

72:
>>1
英語力って書いてるから英語圏の国なんだろうけど、国はどこ?その国のどの地方?
外国での話だし、まず>>1やホストファミリーの身バレはないんだからある程度教えて欲しい

 

77:
>>72
もうここまでいったらめんどくさいので言いますがリゾートで有名なアメリカ圏内の島です。

私のスペック⬇
高校3年
留学は何度か経験あり
英語力としては英検準一級所持
他になんか聞きたいことあったらコメントお願いします

ホストファミリー
マザー⬇
推定60前半
クリスチャン
いろんなことに詳しい(地元で観光ガイドをしていた)

ファザー⬇
推定60後半
基本は別の島で働いているため週末だけ帰ってくる
おっとりしてる

あとは大学生のお孫さん1人と、犬がいました。

 

73:
戻って来ました。
今から全部返信するので待っててください。

 

81:
なるほどアメリカの島の方か

英語圏なんてクリスチャンが多いのに土地の神様なんて出てくるから何処だ?ってなってたわ
納得した

スレ主は面白いいい体験をしたんだね。
羨ましいよ

 

83:
>>81
その土地では日本と同様に色々なものに神々が宿ってると信じられており、物をとても大切にする方が多かったです。

とてもいい経験をさせていただくことができました!

 

82:
書きだめしていたこと

廊下から聞こえる少女の声
留学期間中にハリケーンがきて、学校が二日間休校、そのまま土日へ入るという四連休になった日がありました。
私とルームメイトの2人は、ずっと部屋にいてテレビを見たり、携帯をしたりなどゴロゴロしていました。

ルームメイトは寝て、私はウトウトしていたときに廊下の方からきゃー!と言う嬉しそうな?小さな女の子の声が聞こえました。
よく孫ちゃんたちが遊びに来ることがあるので、またその中のこの1人だろうなぁと思って何も考えないで聞いていました。

家の中は壁が薄く、リビングにいても少し大きめの声で話したら部屋まで聞こえるくらいでした。
廊下の声は犬と走りながらかけっこ?してるような声で、犬の名前を何度も呼んでました。そしたらトントンと私たちの部屋のドアを叩く音がしましたが、ベッドから出る気が起こらずホストマザーなら開けて来るだろうと待っていました。

いくらたってもドアは開かず、あれ?なんだったんだ?と思い、そのまま放置しました。
そのまま夕食の時間となり、ホストマザーが私たちを呼びにきました。
夕食が終わった後、マザーに
「今日、お孫さん来てた?小さい女の子。」
と聞いたら
「孫ではないけど来客はあったわよ。
合わせてあげればよかったわね。」
と言われて、先ほどの話をしました。
「あら!それは多分あなたたちと遊びたかったのかもしれないわ。
私が事前に伝えておかなかったから…今度あの子が来たら遊んであげてちょうだいね。」
と言われました。

あの子とフランクに言われましたが、ずっと家にいる、たまーに出てくる日本でいう座敷わらし的な存在だそうです。
守り神?だと言ってました。
人に危害を加えることはなく、見えるので、遊んであげて満足したら自然と消えるそうです。

 

84:
なんかID変わってるけど上の2つも1ですwww

日本と同様海外にも都市伝説や、噂話、心霊の話は沢山ありました。
向こうの高校生たちはTEE(ティー)と言ってその根拠のない噂などを楽しんでいます。

私の行った高校では面白い話を聞くことができたのでそちらも紹介します。

中国風の建物が多く建てられている地域があります。
そこには多くの浮浪者の方がいて、追いかけられたりするくらい治安が悪いと言われあまりそこでバスを降りるな、とよく言われる場所です。
夜はすべての店の軒先で人が寝ており、そこを歩いて通る人はいません。
その浮浪者の方達すら恐れているのが、たまに、その街を徘徊する謎の怪物だというのです。
背が高く、黒く、人かすらわからないその化け物はずっとその街を歩いて、人を見かけたら無差別に襲う、というものです。
無差別に、と言っても起きている人しか襲いません。なので、夜にあの街にいる人たちはすべて寝るか寝たふりをしてあいつを避けるんだ…と。

私は見たことないし、これに至ってはもう創作かもしれないからあんまり信じてないんですけど面白かったのでw
日本にも沢山こんな話があるけど、海外にもあるのかぁと学びました!

 

85:
同年代やけど凄いな、色んな経験してて

 

86:
>>85
凄くはないです!
たまたま機会に恵まれていただけで私は何もしてないのでw

 

87:
話しときたかったーって話はし終わったので、あとはボチボチとレス返したりします^^

質問とか、もっとこんな話聞きたいとかこんな経験あった?って聞いてくれたら嬉しいです!その方が話しやすいのでw

 

88:
もうスレ主名前つけたら?

TEEって面白いね
黒い人かー都市伝説とかだと日本で言う口裂け女とかダッシュ婆とかそういう類なんだろうね
元は土地の迷信とか人的災害から外に出ては行けない、みたいな話だったのかもね

 

90:
>>88
コテハンの付け方わからないけど、一番好きな花の名前つけました!

面白いですよね、クラスの子から聞いて、恋愛もオカルトも噂話ならまとめてTEEだそうです。
黒い奴はB-manとかなんかそんな感じの名前でした。
たぶん浮浪者を追い出すためなのかなーとか思いますw

 

92:
面白かったよ

 

94:
>>92
ありがとうございます!^^

 

95:
人怖

・浮浪者に足を掴まれ追いかけられた話
・ショッピングセンターで彼氏ヅラしてくる他人の話
・ヤク漬け高校生の話
・無理やり売られるボディスクラブの話

選んでください(^_^)

 

97:
>>95
シャレにならないやつばっかりだなwww
海外怖ぇw

希望した人来なかったら彼氏ヅラのやつ聞きたいな

 

99:
>>97
海外は日本より多くの人種の方がいらっしゃる分、多くの思想や行動を取られる方がいらっしゃるので…。

ならそれで!書き溜めてきます!

 

106:
>>95の他の3題もなかなか尋常ならざる空気を感じるけど
こんな話年頃の娘持つ親御さんが聞いたら絶対留学なんかさせたくねえと思うだろな

ヤク漬け高校生の話ってのもなかなか闇深そうで興味あるんだけど
またの機会でもかまわないので語っていただけるとありがたい

 

107:
>>106
ですね…
わたしが親だったら絶対に行かせたくないって思うんですけど、将来的に海外で働きたいと思っているので親からは行ってきていろんなものを目にしてこいと言われました。
そのためにも自分の身は自分で守れるようにならないといけませんね…!

なら勉強の合間に他のものも書いて行こうと思います!

思った以上に皆さんがお話を聞いてくださって嬉しい限りです(^_^)

 

101:
彼氏ヅラしてくる知らん奴

週末はホストファミリーやルームメイトとよく某有名ショッピングセンターに買い物に行ってました。
服や化粧品、お土産などを沢山取り扱っており買い物ならここ~と思いよく行きました。

で、ある週末(日曜)に家族で行って、お目当ての店へ行くためにみんな別れて行動をしていた時です。

好きなブランドのお店で服を選んでいた際に、知らない同じ歳くらいの男の子から「お前はこの色のが似合うよ!」と言われて、通りすがりにアドバイスして行くタイプの人かなぁって思ってたら試着してこいとか言って何着も服を渡してきました。
知らない人だし、怖くて、欲しかった服だけとりあえず買ってこの店を出ようとしたらレジにも付いてきてずっと話しかけてくるんです。

会計が終わって、他の店へと行こうとしたら手を掴まれて「次は俺が行きたいところ行くから」と言われメンズの洋服店へと…抵抗するも虚しく力の差があり、ほぼ引き摺られる形で連れていかれました。
そこでは店員に「彼女だ」って言ったりされて、「いや他人…」って否定しても取り合ってもらえず、一時間くらい連れ回されました。
ポケットワイファイは持ってなかったので家族に連絡も取れず、このまま連れ去られて殺されるのか…と思っていたら前から走ってくる女性が。

ここには書けないような言葉で男の子を罵って、私に謝ってきました。その人はその男の子の母親で、経緯を説明してくれました。
要約すると、その子は少し変わっていて好みの女の子がいたら連れて行こうとするということでした。
たまたま見た日本人で珍しかったというのもあるだろう、と言われました。
割となんどもやらかす奴で、今日も突然消えたから探し回っていた、迷惑をかけてすまなかったということを伝えられお詫びとして二十ドル札を渡されました。

それは受け取りを拒否し、私はその場を去ろうとしたのですが、その男の子がずっと私の方に向かって「My girl!I never forget you!」(おい!俺はお前を一生忘れないからな!)と言われ続けたのはめちゃくちゃ怖かったです…

学んだのは女の子の一人歩きは危ない、何かあってからでは遅いからなるべく人と一緒に行動するのがいいですね!

 

102:
>>101
かの国らしいなかなか上質な人怖じゃないか
人の心の闇というのも常識社会に忍び寄るオカルトだからな
「My girl」というのはマドモアゼルみたいな慣用表現なんだろうけど
このシチュエーションではなかなか薄ら寒い表現ではあるな

 

104:
>>102
My girl やMy baeは基本おつきあいをしている相手に対して使う言葉ですが、好きな人や愛情を持っている人に対しても使う言葉なのです…
突然絡まれて好きだななんだの言われても恐怖でしかないですもんね~行動力には脱帽です。
わたしの訳なのでたぶんこんな感じだろうな~って感じですけど、この場合のこの言葉は日本語で言う「地の果てまでも追いかける」に通づるところがありますね。

 

103:
>>101
こ、こぇええ…(((゚Д゚)))ガタガタ
無事でよかったね…

そうか、パッと見愛の言葉に見えるような1文だけどそんな訳し方も出来てしまうのか……
ストーカーとかにならなくてほんとに良かったね

 

105:
>>103
あの時お母さんが来てくれなかったら…って考えると怖いです。

基本的には素敵な愛の言葉なのですけど、相手との意思疎通がうまくできてない場合はただのサイコ野郎になってしまいますね(‘ω’)

 

112:
別にこのスレで人怖実践しなくてもええんやで

 

115:
>>112
そうなんですね…!初心者なもので、全くわからず、怖い話はすべてここでしか書いてはいけないものだと思ってしまいました。
他にもまだオカルトちっくなものがありますのでそれまでの繋ぎだと思っていただいて結構です!

 

117:
ホストファミリーとみんなでアメフトを見に行った時の話。
 
長丁場になるだろうからとファザーとルームメイトと3人で軽食を買いに行きました。
わたしはご飯を受け取り帰ろうとしていたらレジをしていた学生から「日本人か?」と聞かれて、そうだと答えました。
「面白いもの見せてやるから、こっち来いよ。」と言われて、好奇心が勝ってしまいファザーに「知り合いがいたから話してくる」とだけ伝えついていきました。

その人が連れて行ってくれたのは、部室的なところの裏にある旧校舎のそのまた裏側。
鬱蒼とした草が生い茂っており、ゲートみたいなものがありました。
ゲートを開け、こっちだぞと言われた方について行くと…
何人もの高校生と思わしき人がおり、みんなで輪になり何かを吸っていました。

初めはタバコか何かだろうと思っていましたが、チョコやコーク、Mなどの名前が聞こえてきてこれはタバコじゃない…と思い聞いてみると予想どうりヤクの類のものでした。
お前どれか吸ったことある?と聞かれましたがもちろん吸ったことなどましてや見たことすら初めてで唖然としていました。
どれか吸えよ!気持ちよくなるぞ。と言われましたがそれ以上に恐怖が上回っており、「そろそろ帰らなきゃ。試合も始まるから。」といってどうにかその場を切り抜けようとしましたが、力尽くで押さえつけられたりして逃げれませんでした。

 

118:
知らない人が目の前でヤクでラリって…泡吹いてたり、爆笑してたり、もう考えられないような光景でした。
そのせいで気持ちが高ぶり、野外にもかかわらず、人もいるのに致してしまう男女も…ほんとに今考えるとやばかったです。

そのグループの中には何人ものの女の子がおり、吸ってる子もいましたが吸ってない子もいたので吸ってない子に話しかけて、帰らせてほしいと伝え、トイレに行くふりをして2人で抜けました。
その道で話してくれたことは
「こっちでは5ドルくらい(約570円)程度で一回分が買えるから高校生でも吸ってる人は多い。
あいつらはここら辺であれを売ってるグループだ。
たぶんもう顔も覚えられてるだろうからあんまりこの高校には近寄らないように、次会った時は無理やりにでも吸わされて仲間にさせられるぞ。」
と言われました。
とりあえず忘れるように言われましたが何よりも怖かったのは吸った後の人の行動です。
人とは思えなかった…。

 

119:
海外はスケールが違う

 

126:
>>119
ほんとそれはそう思いましたw

 

120:
こういうの聞くとクスリ予防にはよく分からない標語とかじゃなくて実際にキメてる人とか禁断症状出てる人の映像流す方が効果的なんじゃないかと思うわ…

海外すごいね

 

121:
>>120
大麻は合法の州があるんじゃなかった?

 

128:
>>121
あるけど今回行った先はダメなところでした!

 

123:
>>120
そうだっけ
でも場所とか限られてなかったかな。
専門のカフェみたいなのがあったような?

 

127:
>>120
クスリはしてる人を見てたらやる気無くなりますね、人のふり見て我がふり直せ的な。

 

137:
アメリカ社会の闇を覗き込んでしまったのか
若いうちに色んな経験を積めとは言ってもこれはかなり強烈だなw
こんな話オカルト板でもなきゃドン引きだろ常考

 

142:
>>137
いやー怖かったですw
強烈すぎて、多分一生忘れないと思います…。
オカ板以外にどこにカキコしたらいいかわからずここで話してしまいました(^_^)

 

引用元::http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1538964463/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事