【猫にまつわる奇妙な話】極度の猫嫌いの隣人が真っ黒な野良猫を抱えていた…顔や腕から血を出しながら…

恐怖 1件
投稿主の隣に住む女性は、置物の猫でさえも嫌がる程の極度の猫嫌いだった。
これまでは彼女と良い関係性を築いていた投稿主だが、いつからかアパートに野良猫が集まるようになり、
それがきっかけで二人はどんどん疎遠になっていく。
ある日、投稿主の彼女が「隣人さんに貰った」と言って持ってきた物に強い不安を感じ───



土曜日辺りに霊的なモノが見える彼女について書き込んだ者です。
試験勉強が一段落したので、休憩がてら他のエピソードを書きます。
ただしかなり長い。


俺と彼女が付き合って半年位経った頃、俺の住むアパート周辺に野良猫が集まり始めた。
誰かが餌をやるようになった訳でもない。
本当に突然、ある日気づいたら野良猫の溜まり場になっていたのだ。
別に俺は猫好きだしアパートの入り口で猫が日向ぼっこしていようが、ベランダを猫が歩いていようが一向に構わない。
だが、隣人はそうはいかなかったようだ。

隣人は大層猫が嫌いな女性である。
どれくらい嫌いかというと生きている猫だけでなく、置物の猫や猫のキャラクターも視界に入れたくない・触りたくないという徹底ぶり。
それまで、隣人とは帰宅の時間帯が被るのでよく立ち話をしていたし、彼女とも顔見知りの仲だった。
しかし、野良猫が集まり出すと隣人は神経質になり、廊下で出会ってもどこかイライラした風で話しかけられる雰囲気でもない。
自然と隣人とは疎遠になり、猫が嫌で部屋に籠っているのか、段々姿を見ることも無くなっていった。


アパートが野良猫の溜まり場になってしばらく経った頃、俺の部屋に彼女が遊びに来た。片手にはなにやら丁寧に包装されたお菓子を持っている。
お土産かな、と思い尋ねてみると、首を横に振って彼女は答えた。

「さっき隣人さんに貰った。会うの久しぶりだったから少し話したかったけど忙しくて駄目だって。
『最近イライラしててろくに挨拶もできなかったから、そのお詫びをかねて二人でどうぞ』って伝言を頼まれた。」
とどこか心配そうな表情で言った。

俺は何かの間違いだろうと思った。
昨日まで大嫌いな猫に悩まされ大層不機嫌だった隣人が、今日はご機嫌。
何だか不安な気分になった。
難しい表情をしていたのだろう。彼女は心配そうな表情で俺を見つめていたがやがて言いづらそうに、あとね、と話を続けた。

「この前俺くんが言ってた、アパートが野良猫の溜まり場になってるって話だけど。私が来る時、野良猫なんて一匹もいなかった。
その代わり、隣人さんが真っ黒な猫を一匹抱えてた。隣人さん、猫嫌いだったよね?腕とか顔、真っ赤に腫れてた。アレルギーなのかもしれない。
しかも腫れている箇所を爪で掻くから、所々血が出てた。それなのに、笑顔で猫を撫でているの。」

どこか怯えた表情の彼女。俺の不安が的中した。
だが大きな疑問が残る。何故、隣人は嫌いな猫を、アレルギー反応を起こしながらも抱えていたのか。
これに関しては彼女がある仮説をたてていた。

「そもそも、野良猫が集合してきた原因は人為的なものだと思う。
もしかしたら、隣人さんへの嫌がらせかもね。だって猫嫌いな隣人さんがいるこのアパートに、ピンポイントで猫が集まったのは、偶然というにはちょっと変だと思う。アパートの人は餌付けしていないみたいだし。
猫がいなくなったのは、隣人さんが追い払ったからじゃないかな。どうやったのかは分からないけど、あまり友好的な手段は使っていないと思う。隣人さんが抱えてた猫、霊ではなかったけど何だか怖かったから。」

その言葉を聞いて俺はゾッとした。
追い払われた猫が怒り隣人さんに付きまとう。
しかもその猫は隣人さんへの悪意を以て放たれた。
そんなことを想像して、寒気が走ったのだ。

俺の考えを何となく読み取った彼女が、何とも言えない顔をしてベランダの方に目を向けたその時だった。
突然、あちこちから一斉に鳴く猫の声が聞こえてきた。
あまりのことに俺はパニックになりかけたが、どうにか正気を保ち鳴き声の出所を探る。
どうやら鳴き声は俺の部屋のすぐ側から聞こえてくるようだ。ベランダの方からも、玄関の方からも。

すると突然、部屋の壁がドンッと鳴り、隣の部屋から激しい物音とくぐもった声が聞こえてきた。
どうしようもなく怖くて、すがるように彼女を見ると、青ざめた表情で固まっていた。
しかし、俺と目が合うとすぐさま我に返り叫んだ。

「俺くん、隣人さんの様子を見てきて!ドアを叩いて無事か確かめて!ただし隣人さんの部屋のドアは開けちゃ駄目、呼び掛けるだけ!」

言われるがままに玄関から廊下に出る。
そこで俺はやっと彼女の言葉の意図する所に気付いた。
隣の部屋のドアの前は、野良猫たちで埋め尽くされていたのだ。
俺の他にも異変に気づき、廊下に出ていた住人がいたが、猫たちはそれには目もくれず鳴き続けた。
俺は彼女の言葉通り猫をかき分け、ドアを叩き隣人に呼び掛けた。
だが返事はない。部屋からは相変わらず激しい物音が聞こえてくる。

何度か呼び掛けていると、部屋の奥の方で何か大きな音がすると同時に、ベランダの方から聞こえる鳴き声が止んだ。
すると廊下側で鳴いていた猫たちも一斉に鳴き止み、各々好き勝手に散らばってどこかに去っていった。
部屋からしていた物音はせず、代わりにドアの内側から彼女の声が聞こえてきた。

「俺くん、廊下側の猫はもういない?大丈夫だったらドアを開けて。救急車を呼ばなきゃ」

俺がドアを開けると、想像してたより部屋は滅茶苦茶になってなかった。
壁に猫の引っ掻き傷があったり、彼女が部屋に入るときに外した、ベランダの網戸が転がっているくらい。(後で聞いた話だと、彼女はまず洗面器に入れた水をぶっかけて猫を追い払った。その後隣室のベランダから網戸をはずし隣人の元へ行こうとしたが、うまい具合に網戸が外れなかったため、思いっきり蹴飛ばした。
部屋の奥から聞こえた大きな音の正体はその時の音だったらしい。)
ただ、隣人はずたぼろだった。
顔や腕など、服から出ている箇所は真っ赤に腫れ上がり、自分で引っ掻いてできた傷と猫が引っ掻いたであろう傷からは血が滲み出ていた。
部屋の端には黒い猫がいたが、部屋が騒がしくなり始めると、俺と彼女を一瞥してベランダの方から出て行った。
やがて隣人の状態を見た他の住人が呼んだ救急車に乗せられ、隣人は運ばれていった。


その後のことはよく知らない。
大家に事情を聴かれてありのままを話したが、それきり何の知らせもない。

ただ、あの時していた激しい物音は、隣人が黒い猫に襲われ暴れた際に発生したものであることと、野良猫がいなくなった原因はアパートの周囲にいつの間にか撒かれていたホウ酸団子であることは、大家が教えてくれた。


結局、隣人はどうなったのか知らないが、事件から1週間後には隣人の両親が荷物を引き取りに、俺を含む住人数人に菓子折を持ってお詫びに来た。
隣人が去ったのと同時期に、隣人の真下の部屋に住む女性が引っ越していったが因果関係は分からない。
ただその女性は非常に神経質で、隣人とドアの開閉音や足音について揉めていたらしい。
事件からかなり経つが、隣の部屋は現在も空き部屋である。

後日談として、隣人を襲った黒い猫は彼女の実家に居着いた。
最初は彼女も警戒し追い払おうとしていたが、黒い猫は彼女に懐いてしまったため、現在では家猫として飼われている。



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    そんだけ猫が嫌いならとっとと引っ越せ 団子を使おうとするのが基地
    正直ざっまあとしか思わん
    あと個人的に黒猫は猫のなかで一番頭がいいと思う 犬にいじめられているメス猫を助けたりするし

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事