【山の怖い話】アスレチックへ向かう俺を知的障害の男の子が「行っちゃダメ」と引き留めた→結果…

恐怖 0件
no image
57:
夏になるといっつも思い出す話なんだ。
えっと結構前の事で、小五の夏だったかな、なんか学校の宿泊学習とかで山行った時のこと

一日目は山に着いてその後山登りの予定だったんだけどさ、着くなり雨がザーザー降ってきて、でも馬鹿な先生がどうしても登りたいって言って登ることになったの
皆でっかいビニールをカッパ代わりにして登って行くんだけど、ぬかるんだ山道は小五には少々キツイもんがあったよ
途中急な斜面とかもあってロープ掴みながらいかないとダメだったんだけど、そのロープさえ雨で滑って死ぬかと思った

そんでなんとか目的地まで登ったんだ。
山頂ではないもののちょっと開けたその場所にはアスレチックみたいなのがあって、遊びたい盛りの俺たちはもう疲れなんか吹っ飛んで遊びに行こうとしたんだ。
ところが、皆に付いて行こうとする俺を引き留めたやつがいた。
振り返るとそれは仲良くしてやってたちょっと知恵の遅れたやつでさ、
俺のカッパの裾を引っ張って、「行っちゃダメ、遊んじゃダメ」っていうんだ。
薄暗いのも相まってなんか不気味だったし、素直に従ってそいつと隅っこで遊んでることにした。

そうやってしばらく二人でいると、突如アスレチックの方から大きな音が聞こえた。
見ると、木でできたアスレチックの吊り橋が崩れ落ちていた。
長いこと雨ざらしだったから、腐敗してたんだろうな
こいつ分かってたのかなって思って視線を戻すと、もうフラフラどっかにいってたよ

 

58:
そんでほっとくわけにもいかないし、とりあえず先生が今日泊まる施設に電話して(そこがその山の管理もしていたため)山を下りたんだ

その日はそこに皆で止まったんだけど、そこでもまた変なことが起こるの。

俺は友達たち数人と2段ベッドが数台ある部屋で寝てて、俺は上の段の方だった。
でもそういう時ってつい夜中起きだしたりしたくなるじゃん?
で夜の十二時くらいに(当時の俺らには相当遅い時間だった)皆でトイレ行こうってなって、ぞろぞろと連れションに出発したんだw
 
そんで部屋に戻ってもう一度ベッドに入ったんだけど、10分くらい経ったとき、俺の枕のちょっと横辺りがへこむのを感じた。
誰かに思いきり踏まれたような感じで布団がへこむんだよ。
部屋の奴に踏んだかと聞いてみるも、誰もそんなことは知らないと言う。
もう一度寝てみたんだけど、やっぱり定期的に踏まれているような感じがして、しっかり眠れないまま朝が来た。

それで朝そこを見てみると、泥だらけの足跡がついていたからもうびっくりしたよ。

今になって考えてみると、あの山は雨で柔らかくなった地面を大人数で荒らされたのに怒ったんじゃないかと思う。
お前らも山行くときは天候に気をつけろよ

 

60:
>>57-58
山の神怒らせちまったのか・・・
無事でよかったな

 

61:
>>58
変質者に侵入された可能性もw

 

62:
>>61
それはそれで洒落にならんwww

 

63:
>>61
ガキの寝床襲って何が楽しいんだよww

 

引用元::http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事