怪奇現象が起こる事故物件のバイト経験者だけど質問ある?

恐怖 1件
no image

1:
都市伝説扱いで実在していないことになっているから胡散臭いだろうし、いっそ釣りだと思ってくれて構わないよ。
特定されない範囲で答えていきたい。

 

2:
バイト内容としては当然ながら事故物件に住むというものなんだけど、単なる事故物件ではなくて怪奇現象に悩まされている物件に限る。

写真を撮ったり録画をしながら何が起こっているのかを確かめるんだ。
家賃光熱費などはタダ、期間は延長もあるけど一軒につき一週間で5万。

 

6:
事故物件に誰かが住むと次の人に告知する義務がなくなるんだろ
それが目的で人を雇って短期間住まわせても不思議はないな
しかし心霊現象まではどうだろ
まあなんかあったら教えろ下さいはありだな

 

7:
それあっちの世界の方の下っ端の仕事じゃん

 

13:
>>6
告知義務云々は関係ない。
入居者が頻繁に変わったり決まらなかったりして、それが心霊の類じゃないかってなると雇う。
霊感もない一般人に任せるのは霊媒師に勧められたからだそうで苦渋の決断だったらしい。
あと雇われたのは友人の後を継いだ俺で2人目。

>>7
そうなのか?
ただのお金に困った大学生がやってただけだよ。

 

8:
現在進行形でやってんの?そのバイト

 

9:
どこでそのバイト見つけたの?

 

14:
>>8
今はやっていない。
途切れはしたけど約一年間バイトして、継続できる状態じゃなくなったから一年前に辞めた。

>>9
不動産の親戚がいる友人から。
友人は3日で断念して俺を代わりに差し出したらしい。
お金に困っていたから快く引き受けた。

 

34:
>>14
継続できる状態じゃなくなったからって、どういうこと?

 

40:
>>34
事故で片足に後遺症が残って満足に歩行ができなくなった。
この状態では一週間に一度の引越しは厳しいし、次は命を持っていかれると思ってさすがに続けようとは思えなかったんだ。
事故に遭った時、初めて事故物件の外で霊現象に出会したのもあって。

 

43:
>>40
その事故に遭った時にどんな霊障にあったの?
そうか、、事故で足を
でも命あって良かったね
足は悲しいけど命あればね
大切にして、身体

 

51:
>>43
優しい言葉をありがとう。
事故に遭ったのは真夜中に帰宅する途中で、薄暗い住宅街を通ってたんだ。
ずっと背後から足音がしていて度々待ってと声が聞こえるのに、振り返っても誰もいない。
まずいな、と戸惑いながら俺は一旦大通りに出ようと思った。
そして横断歩道を渡っている最中に何か黒っぽいのに足を掴まれて、轢かれた。
横断歩道には誰もいなかった、というのが相手側の主張だ。
解釈としては今まで出会ってきた霊の一部が積み重なって異形のものを生み出した、ということらしい。俺が見えなかったのもそのせいだと。

 

11:
実際に経験した怪現象を聞かせてください

 

15:
>>11
住んで思ったのが事故物件って音が残るんだなって、首吊りなら軋む音が聞こえるし。

印象に残っているのが殺人のあった一軒家でのバイトで、2階の部屋で殺されてたわけなんだけど、けたたましく階段を駆け上がる音と扉が閉まる音が聞こえた現象かな。
平日の昼間で、殺されたのも同じだったらしい。
たまたまそこに居合わせて見に行ったら換気のために開けていた扉が閉まってたんだ。

カメラを置いて録画をして、一度だけ音と勢いよく閉まる扉の映像を撮ることができたよ。

 

20:
スレが落ちてなくて質問があればまた明日答えるよ。
ぼちぼち思い出話も吐き出していこうかなとも思う。

 

21:
面白そう
期待してる

 

22:
怖くなかったの?
いくら貰えるのかわからないけど
そんなバイトできないと思った。
すごいね

 

23:
最初はネタかと思ったが、俺の体験や感じ方と一緒で共感した
俺も首吊り自殺があった木の下で写真撮ったことがあって、そのとき撮ろうと思ったキッカケは縄がきしむ音だった

事故物件に住んでたとき、でかい顔が壁に張り付いてたことがあるんだけど、なんか情報ある?
カーテン開けようとしたら口の中に指を入れるようなねちょっとした人肌の感触があったり、閉め切ってるのに線香や腐敗臭がしてくるんだよね

 

36:
>>22
バイトをしていた間はそこまで怖くなかったかな、それが稼ぎだったわけだから。
お金が底をついて生活がままならないようになる方が怖かった。

>>23
やっぱり音を聞く人はいるんだね。
情報とはいっても霊感もない一般人だから推測でしかないが。

乱雑な特殊清掃に当たれば梅雨の時期なんかに腐敗臭がすることがあるらしい。
線香の匂いもあるということなら、自分の存在に気づいて欲しくて近くに寄ってきていたのかもしれないな。
姿が見えない時は部屋にある家具だったりを通して感触を得ることもある。

 

26:
一週間五万って安すぎだろ

 

28:
実際に住人が次々逃げ出すようなとこで1週間5万じゃ安すぎるな
イギリス人なら喜んで済むんだろうが

 

35:
1です。
相場は1ヶ月で30万だっけ?
一週間で5万と比較的安いのは、解決の糸口を見つけたり入居者が決まった場合に別途報酬が出るからだよ。
頑張り次第では優に10万を超えることもあった。
あとは引っ越し費用に交通費、治療費などのバイトに関する費用は出してくれたから。

 

30:
ドアが勝手に閉まる程の怪現象が起きるなら、見世物にしたりそれ系が好きな奴向けに短期で貸し出すとかできるやん

 

31:
今現在その仕事をして良かったと思える?

 

38:
>>30 
>>危ないし何かあっても責任は取れないからそれは出来なかったんだと思う。
>>31
思えない。
最終的に霊障が溜まりに溜まって片足を持っていかれかけてね。
所詮目先の金だけだったなあって。 

 

46:
面白いなw
>>1はコテでも付けて色々話を聞かせてくれ
最後に釣りでしたでもいいから全力で頼むぜ!

 

52:
住んだ物件が多くて語ろうにも統一性がないな。
上手い具合に展開があった物件に絞って書き込んでいってみるよ。

 

53:
まずは鏡を置いてはいけないと言われている物件から。
 
脱衣所と浴室にはあるんだけど、自分と一緒に誰かがいつも映り込むらしい。
俺がいくつか鏡を持ち込んで部屋のあちこちに置き観察してみると、確かにひどく項垂れた男が背後に立っている。
面倒なことに写真や動画には映らず、鏡の配置を変えているうちにただ俺の後をついて回っていることに気がついた。
何か訴えたいのだろうとはわかるけど鏡に映る以外は本当に何の異変もない。

数日経って脱衣所の三面鏡の一枚にだけ男が映らないことを知った。
これはと思って鏡を外して調べてみると裏に古びたお札が貼られていたんだ。

それを取り除いてから男はいなくなり、霊道を解放したから部屋に閉じ込められていた霊が出られたんだろうって話。

 

59:
>>53
その霊道云々の解説は霊能者によるもの?
>>13でチラッと触れられた霊媒師が不動産屋の相談役みたいな感じでいたの?
あと不動産屋一店でそんなに事故物件ってあるもの?

 

61:
>>59
そうだよ。
事故物件を得意とする霊媒師だったのかな、常々ではなかったけど相談役になってもらっていた。
バイトに関しては複数の人から依頼を受けていたんだ。
できるだけ多くこなしたいと言ったら他にも話をつけてくれて、かなり広範囲の事故物件を転々としていた。

 

55:
>>53
すごいな、原因見つけて解消したのか

 

63:
入居者の怪我が相次ぐアパートの部屋もあったな。

訪問者なんていないのにインターホンが鳴って、その後室内の何もない所で躓いて転倒する。
事故物件化したのは転倒して頭を打って亡くなった方がいたからだけど、それより前からこの現象はあったらしい。
前入居者は捻挫を負ったらしいし、俺は机で打った手にヒビが入った。
細心の注意を払ったのに近年稀に見る倒れ方をしたよ。

結局聞かず仕舞いではあったけど話では子供の笑い声がするそうで、子供の霊が遊びに来て住人を転ばせて遊んでいるんじゃないかと思えた。

そこでバイトを紹介してくれた友人に相談してみると「よいこのお約束を作って貼ればw」とふざけ半分に言われて、俺はそれに従ってみる。
許可があるまで勝手に入らない的なことを書いたものを玄関先に置き、インターホンが鳴ったらその都度駄目だと言う。
それを繰り返すうちにインターホンは鳴るけどコケることはなくなった。
だから今も入居者には「インターホンが鳴った時は駄目だと言う」ルールが与えられていると思う。

 

68:
>>63
物件の心霊に関連する?謎ルールはこうやって作られていくのか

 

64:
首吊りがあったマンションの一室では、少し書いたけど縄の音に加えて椅子の倒れる音がしていた。
夜中に不意を突くようにガタンッと大きな音がしたかと思えば、ギチギチと縄の締まる音がし始める。録画をしてみると姿こそないが音ははっきりと録れていた。

この物件には亡くなった方が大切にしていたくまのぬいぐるみが遺品として残っていて、遺族が気味が悪いと引き取ってくれず、入居者が捨てたんだけど戻って来たとかなんとか。

俺は絶対に音と関係があると思って、最終日の夜に最も音が近く聞こえる場所でそのぬいぐるみをハサミでバラバラにした。
次にベランダに設置しておいたバケツに放り込んで火をつけて燃やして、翌朝海に捨てにいった。
ここまですれば戻ってくることも、あわよくば音もなくなるだろうと思って。最後の日にしたのはさすがに気が引けたから。 
 
これでこの物件でのバイトは終わり、俺はその旨を雇い主に報告して別の物件へと移った。
雇い主はぬいぐるみを処分したことをすごく喜んでくれて報酬も弾み、さらにその後音がなくなったよと追加でまた報酬をくれた。
確かこの物件が一番バイト代が高かったと思うよ。

 

65:
1さん無双すぎ!

 

69:
>>65
あくまで成功例だからなw
こんなにも上手くいかない方が多かったよ。

 

67:
数こなしたらそんなストロングメンタルになるんか?

 

71:
>>67
元々の性格によるとは思うけど、ずっとそんな環境に晒されれば嫌でも慣れる。
まあ感覚がマヒしてしまったという方が正しいかもな。

 

72:
それから足に何かあったりしないの?

 

73:
>>72
特にはないかな。
治療やリハビリは問題なく進んでそれを邪魔されるようなこともなかった。
今の生活の中でも足がどうかなったり、霊にちょっかいをかけられることもない。
油断をしてはいけないのかもしれないけど。

 

85:
クマの人形処分したときの報酬はいくらだった?

 

95:
>>85
よっぽど処分に困っていたのと物凄く気前のいい人だったから20万を超えて貰った。

 

77:
自身にお祓いとか都度してもらうの?入居前とか入居後とか

 

81:
>>77
バイトに弊害が生じるらしくてあまり受けないで欲しいとなっていた。
だから俺もあまりに賑やかだった物件の入居後だけお祓いを受けていたよ。

 

83:
>>81
室内で物音や階段を駆け上る足音なんかが頻繁に聞こえるような物件だと
あなたのバイトにはまったく意味がないと思いますがどうでしょうか?
次の入居者は驚いて逃げ出すでしょ。

 

93:
>>83
確かにバイトの意味がなかった物件もあった。
だけど怪奇現象が起こらなくなり、普通に住むことが出来るようになった物件もあった。
入居者から事情を聞いたとしても実際に住んで写真や録画を使って調査するのとは違うし、部屋のお祓いをする際には良くないところが明確にわかって効果が高くなる。

結果から思いきって間取りを変えた物件もあったよ。
あと言われたのが怯まない人間を置くだけでも部屋は変わると。

 

84:
お祓いで弊害が出るって斬新だな
脚の分って相手以外にもバイト先から見舞い金とかあるんか?

 

94:
>>84
ほとんどの入居者は事前にお祓いなんて受けないだろうし、霊が寄りつかなくなって怪奇現象が起こらなければバイトの意味がなくなるからね。

関わりを持った人の多くはお金を包んで持ってきてくれたよ、申し訳なかったって。
自業自得だろってスルーされると思っていたから驚いた。

 

96:
そういえばバイトを初めて本当にすぐの頃に殺人と自殺とがあった一軒家に住んだんだけど、これが俺的に物凄く怖かった。

怪奇現象が酷かったというわけじゃなくて「天井裏からコツコツと叩くような音が聞こえるので調べて欲しい」という依頼のせい。
呪怨って映画が俺にとってトラウマで、事故物件+天井裏なんて情けないけどふざけるなって感じだったんだ。
しかも夜に様子を見てと言われて、記録も取るわけだから昼に誤魔化すわけにもいかない。

3日目までは音の出処を探り、4日目の夜にいよいよ上がることにした。
幸い入り口と音の出処はさほど離れておらず、もし天井を踏み抜いてしまってもお咎めはなし。
板を上げては下ろしてを繰り返しながらしばらく押入れに篭ってたんだけど、もう本当に自分が情けなくなってきて、勢いに任せて天井裏に入った。

そして這いずるように梁を伝った先に大きく赤く「出」と書かれた部分を見つけたんだ。
さらにはそこにだけ埃が積もっていない。
いかにもな感じでここだろうなと思った俺は写真を撮って、動画を撮るために頑張って待機した。突然何かが向かって来るんじゃないかとひやひやしたよ。

翌日雇い主に状況を報告すると文字を消しておいてと言われ、俺は再び天井裏に上がることになった。今度は昼間のうちにささっと消して報告し、残りの日は普通に過ごした。
一応物音は聞こえなくなった状態で終了して、新しく住む人もすぐに決まったよ。

 

97:
この物件には続きがあって事故に遭う少し前にまた住んで欲しいと頼まれたんだ、物音が復活したからと。
不慣れな時期に住んだわけだから仕方ないと思って、俺は次の物件の後に住むという約束をした。

天井裏は苦手なままではあったけど経験が何よりの支えとなってくれて、いざとなれば天井をブチ抜いてやるかと考えていたんだけどな。
結局行かず仕舞いだ。

それからお見舞いに来てくれた時にどうしてもバイト出来ないかって粘られたのが怖かったな。
片足が駄目なのに天井裏に上がって調べろって無理に決まってるし、入院中にそれを頼むのかって正直呆れたよ。 
まあこんな内容のバイトだし、多少は軽視されるんだろうな。

 

100:
>>97
貴重な話をありがとう
その家は取り壊してお祓いしない限り霊障は終わらないっぽいね

 

105:
>>97
その後どうなったか聞いたの?

 

110:
>>105
俺に断られたから友人親戚の不動産に相談に行って冷遇され、自分で探して雇ったものの上手くいかなかったと聞いたよ。

 

106:
心霊じゃなくて事故物件として怖かった話はない?いってることめちゃくちゃかもしれんけど
犯人が戻ってきたりするらしいじゃん

 

111:
>>106
窓を割られたり郵便物を盗られたりしたことがあった、というのでいいのかな。

自殺があってすぐの物件に住んだ時には亡くなった方の母親に捕まったことがあったよ。
いつから居たんだろうね、大学から帰ってきて部屋に入る時に泣きながらその息子の名前で呼ばれたんだ。
憔悴している様子で何を言いたいのかもよくわからなくて、ゾッとした。
警察を呼んでなんとか対応したよ。

 

113:
>>111
そっちのほうが怖い

 

98:
壮絶だね
でも1さんが頑張ったから今こうやって住む事が出来てる人もいるんだよね、尊敬するよ
でも最後のバイトはそんなにまでしても頼みたかったんだね、相当信頼されてたんだよね
本当言葉では言い表せないほどだよ

 



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    恐いい話をありがとう。
    語り口から誠実さが伝わる報告主だ。

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事