【奇妙で怖い話】大阪市内の阪急沿線で「顔中血だらけの女」を見たと言う友人、さらに後日…

恐怖 2件
no image

投稿主の幼馴染の目撃談。
どうやら、大阪を走る阪急電鉄の駅付近で異常な様子の女を見たと言うのだが・・・



5年ほど前の、結局何かわからず微妙に怖かった話・・・。


私は大阪市内の阪急某駅から徒歩5分ほどの便利なところに住んでいる。
その私よりもっと駅近に、建築業を営む幼なじみ(男)が住んでいる。
毎朝車で出勤する彼が、昼食時に興奮気味に電話してきた。

彼の話を順を追って説明すると、
彼が今朝、いつものように車を出して駅からわずか70mほどの距離にあるT字路を右折するとき、
右手から背の高い全身黒っぽい服の女がぼーっと歩いて来たという。

ちらっと見て、「え!?」と思ったのは、この女が頭からかなりの量の血を流していて、顔中血だらけだったからだそうだ。
両手をぶらんと下げ、たどたどしい足取りで左側、つまり駅の改札のほうへと向かっていったそうだ。

後続車がなかったので、一瞬、車を降りて「大丈夫ですか?」と声をかけるべきか、
救急車か警察に電話すべきかと思ったが、
朝の人通りの激しい駅までもうわずか、誰かが連絡してくれるだろうと思って、
そのままアクセルを踏んで仕事へ向かったという話だった。

その話を聞いて、「それは本当に生きてる女かぁ?」とわざと怖がらせるようにたずねる私に、
「それはない、あれは絶対生きてる女やった。めっちゃでかい奴やったし、
何か事故にでもあったんかと思って、めっちゃ怖かったわー!」
と、笑いながら否定した。

電話を切ったあとも、そんな目立つ格好で駅に向かって歩いていたなら、きっと朝の駅は大騒ぎになっただろうなと思った。
事故にせよ、通り魔にせよ、検索すれば出てくるんじゃないかと思ってググってみたが、
何もそれらしい情報はヒットしなかった。
ん?おかしいな~。


微妙に怖くなったのは、その日の夜7時頃、帰宅直後の彼からまた電話があった。
「またいた!またいた!朝見た顔中血だらけの女が、T字路のところ反対向きに歩いてた!」
ええっ!?そんな状態で1日中?誰にも通報されず?救急車にも乗せられず?
そんなことがあるだろうか・・・・?

直後に外出する予定のあった私には、見慣れた夜道だけど、その女がふいに現れるのではと思えて、とても怖かった。
でも結局、誰だったのか、何だったのか、わからずじまいだった。



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    またいたんなら通報するなり何とかしろよ 生きているんだって断言しているんだしよ この男がとりつかれているんだろ それか構ってちゃん

  2. 2
    名無しのオカルター:

    鼻血が出やすい体質の女の人。
    鼻血出過ぎて貧血、朦朧としたまま顔も拭かずに徘徊。

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事