1階の半分は開かずの部屋になっている実家で起こった怪奇現象を話す

恐怖 2件
no image

373:
実家の話です。
今はもう、改築してしまってるし私自身が住んでないので終わったのかは謎ですが…

鉄筋コンクリ二階建て前庭に門とガレージがある
中古物件の結構、大きな家に住んでいました。

私たち一家は5人家族一世帯で、
父・母・私子・弟①・弟②
という家族構成でした。

物心ついた時から一階の半分は開かずの部屋になっていました。
理由は気持ちが悪いから。

鉄筋コンクリに住んだ事のある方は分かると思いますが、夏はメッチャ暑くて、冬はメッチャ寒い…そんな家なんです。
けど、一階の開かずの部屋は夏は肌寒く、冬は生温い。
そんな薄気味が悪い部屋は、仏間+和室①+和室②+和室③の結構なデッドスペース。
加えて、キッチンもリビングもダイニングもお風呂も一階。
リビングで1人テレビを観るのも怖かった覚えがあります。

 

374:
そんな家だったのですが、
いつの頃だか家族の名前を外出中の家族の声で呼ばれる、
という現象が起き始めました。

両親共に外出中なのに、

母の声で「私子ー!」
父の声で「弟①ー!」

本人にしか聞こえていないのであれば、空耳で済んだのでしょうが
在宅中の皆が外出中の家族の声で呼ばれるのを聞いていた為、おかしいぞ?となっていました。

昔から、色々と怪奇現象には事欠かなかった家だったので
またかぁ、な感じにはなっていました。

そんな謎の声が聞こえるようになってから少しして、
母が「あの声に返事をしてはいけない」
というような事を言い出しました。
何故かは教えてくれませんでしたが…
その時は、皆で納得して返事をしない様に気をつけるようになりました。

が、無視をしていると現象が酷くなっていき
磨りガラス越しに人影を見たり、
扉が勝手に開閉したりと…
そんな現象が呼ばれて返事をせずにいると起こりだしました。

それらにも慣れてきて一人で留守番をしていたある時、廊下で呼ばれる事はないんだよなぁ…
とダイニングでぼんやりと思っていると
廊下の方から声がします。

 

375:
返事はせずに廊下に出ても誰もいないし、もっと遠くから聞こえた気がしましたが、その先は開かずの間。
いや、まさかねー、と思っているとまた名前が呼ばれました。
声の先は和室③から。
怖過ぎて確認せずにリビングに入りテレビを大音量で流して家族の帰りを待ちました。

その後、私は一人暮らしを初めて暫く帰らずにいると改築したと連絡がありました。

未だに、あの声が何だったのか謎です。
何故、怪奇現象も多発していたのかも不思議ですが…。
分かる方、いらっしゃいますか?

連投失礼しました。

 

376:
>>375
まだ誰か住んでるの?

 

384:
>>376
まだ、母・弟×2が住んでます。
既に改築しており一度しか泊まった事がないので…
まだ、変な事が続いているかは教えて貰えていません。
ただ久々に泊まってみても空気も重たく、気持ちが悪い感じはしていました。

 



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    いつの間にかお父さんがいないんだけど

  2. 2
    名無しのオカルター:

    *かべのなかにいる*

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事