日常で体験した不思議な出来事やほんのり怖い実話を語ってくれ

不思議 0件
no image

122:
10代の頃何回か霊と思われる人?を見たのだが皆白い着物着てるのが不思議だった
最近死んだ時白い着物着せられるからかというのを20年以上経ってようやく理解した

 

123:
もう寝るから箇条書き

・母が13歳の時に2週間眠り続けた
その際に幽体離脱だの三途の川?っぽいの渡ろうとした経験がある

・父と母が結婚する前ドライブしてると、前方から青白い球体が前方から飛んできて、そのまま車の中を通過した事があった

・俺が小2年の頃、オレンジ色にぼんやり輝く球体が夜空に浮かんでるのを見たことがある
何分見てたかは覚えてないが、その球体が六甲の方へ飛んでいったのを確認

・13~20歳まで住んでた一軒家が色々おかしかった
二階に誰もいないのに深夜になると大人がかかとを付けて歩く足音や子供が走り回るような足音がしてた
雷雨の時は家族全員が目を合わせるぐらいドタドタ音が凄かった
室内犬2匹いたが、2匹ともよく階段の上を凝視してた

イトコが見えないけど感じる人で、一度見てもらったんやが2階には上がりたくないと言われた
そんなイトコは親族の誰かの死が近づくと動けない程体調悪くなる

 

124:
小さい頃、友達グループと遊んでいると
○○さんちの娘さんだよね?家まで送ってあげる
車にお菓子あるから食べて良いよと
ベタな声をかけられた。
家まで100mもないんですけど・・・

人数より座席数致命的に足りてないし、一人だけ送られても困るし、なんで自分だけピンポイント
友達たち背が低いから、窓から車内見えないから喜んでドアあけようとするけど、お菓子なんてないし違和感だらけで逃げたいけど、友達見捨てることになると困っていたら
ヤベ!っておじさん、って車が急発進
後ろから親の会社の車が偶然来ていた
親に報告したら、親切な人がいるわね~って呑気に話してた

後日、そっくりなおじさんをニュースで見た。誘拐犯だった。

 

126:
いつも夜に店の見回り兼ねて両親とドライブしていた

ある晩、祖母と糸巻きしていて置いていかれた
帰りが遅いと思ったら、両親の車追突されて事故っていた
こっちの過失は0、いつも後部座席の真ん中に座って運転席と助手席の間からフロントガラスの景色を見ていたから
乗っていたら大怪我していたのは間違いない

不思議と何かに守られた気がする話

 

128:
>>126
そういうことやっぱあるんだなあ。

 

129:
>>128
車に乗っていたら人生終わるか変わる出来事、偶然二回助かってる
行ってはダメと、偶然装って引き止められる感じがする

 

130:
自分自身は覚えてないんですが…

子供の頃に父母に連れられ車で遠出をしてキャンプ等よくしてたんですが
ある時、山奥の谷の近くの道路を父・母・私が乗った車で走ってたら、幼かった私が急に
「おねぇちゃんとおにいちゃん達が『寒い』って言ってるよ」と話しだしたそうです

私には姉が2人いますがその日は同行していなかったので車にはおらず、また「おにいちゃん」と呼ぶような兄はおりません
明らかに知らない「おねぇちゃん・おにいちゃん達」の話をしている様子で、父母は「何言ってんだこいつは」(笑)と思ったらしいですが適当にスルーをしてそのままキャンプ地へ向かい、数日後に帰宅しました

帰宅した後に父母が新聞を読んでいたら、丁度同じ山奥で『車ごと谷底へ転落した若い男女のグループが全員死亡』、という記事を見つけてしまい
父母が青ざめた、という事がありました。
落ちたとされる日付が丁度私たちの車が谷の近くを通った日と同じだったそうです

私は何も覚えていません

 

135:
オチのない話。

俺が高校生の時、財布の中身がごっそり変わってた事があった。
俺はバイトもしてなかったから収入がほとんどなく、いつも金欠だった。
だのに、学校の帰りのバス停でなんとなく財布を確認したら諭吉が3枚入ってた。
見慣れた小銭は一枚も無い。

 

136:
俺はレシートを溜めないタイプで、いつも買い物して帰ったらノートにメモして捨ててるんだけど、その財布にはレシートが2枚入ってた。
どっちも小説を買ってた。俺に心当たりはない。

財布を最後に確認したのはつい昨日の夕方で、今の今までずっと鞄の中だったはず。
入れたとしたら家族しかいないけれど、そんなことする理由が思い付かない。困惑しながら家に帰り、聞こうとしたけど聞けなかった。

入ってた万札は不気味で使わなかった。
たぶん、今も実家の書斎の本に挟んである。どの本だったかは忘れた。
ひょっとしたら、もう見つけられて誰かの小遣いになってるかもしれない。

 

150:
昔、死相というものが視えたよ
友人の顔が蒼白くぼんやり光って変な顔。

次の日その友達は10tトラックに轢かれて死んでしまった。
葬式の時、友人の顔を見たら前日の夜、蒼白く光って視えたあの顔だった。

 

151:
>>150
自分の場合は夢で見ます。きっかけは・・・

弟が亡くなる三ヵ月前くらいに夢を見ました。
大声で名前を叫んで、目が覚めましたが、(縁起でもない!)と忘れてしまいました。
遺体安置所で父が大声で弟の名前を叫びました
その時、ドキッとした、あの声は自分でなく父の声だったんだと。

人が亡くなる夢を見ても、どうしようもありません
自分に回避する能力などなく、ただ未来を見せられているのだと思うことにしています。

 

153:
母方の親戚にそういう人が多い
母がちょっと体調をくずすと、普段は連絡などしないような叔父叔母から「かわりないか?」って電話が次々にくる

 

155:
子供の頃、インフルエンザ脳炎になって死線さまよった時に旅客機に乗る夢みた
出発前に乗務員が自分とこに来て、怒りながら
降りろ!と怒鳴って降ろされた
降りたら何故か誰もいない街にいて怖くなったから走りだしたら両親の声が聞こえて目が覚めた

先週、全く同じような夢を見た
飛行機に乗ってるんだが、やはり乗務員に降ろされて
知らない街にいた
ただ数人が居て、仲良く話していた

また人の声が聞こえて目が覚めたら
部屋に横たわって周りに人がいて、頭が痛くて動けない
聞いたら自転車こいでてバイクと衝突、病院搬送されたらしい
頭を打って脳出血だから緊急オペもしたとか

あの飛行機は死者の国に行く便だったのかな、
あとあの知らない街はなんだろ?
と今まだ病院のベッドの上です

 

156:
なんか猿夢みたいにだんだん搭乗が近づいてない?

 

164:
つい最近変な体験したので暇なら聞いてや

マンション住まいなんだけど、一週間前くらい前、寝る前に宅配ボックスから荷物に取り出さなきゃ~と思ってエレベーターのとこ行ったら5階に止まってた。
夜中2時くらいだったから珍しいと思った。
うちのマンション、田舎だし子供と老人多いせいか平日の夜中ってマジで外出する人がいない。
止まってたって言ったけど、下へ行く表示が出てたから多分今止まったばかりで、誰かエレベーター乗ってたんだなと思った。

そのままエレベーター乗って、
肝心の5階通るとそこが真っ暗。

マンションって廊下側は電気が各部屋の前に必ず付いてるし、エレベーター側にはさらにもう一個付いてる。
例え二つ電球が切れてても、他が生きてると光が見える。
それにうちのマンションは大きなバイパス沿いにあるから夜でも廊下は明るい。

 

165:
でもマジで真っ暗。
建物の輪郭が見えないほど。

正直めちゃめちゃビビった。
オカルト好きとはいえ、なんの能力もない奴だから…
混乱したまま、一階に降りて荷物取ってまたエレベーターで上がってもう一回確認した。
まだまっっっくら。何も見えない。黒塗りか?ってくらい。

次の日の夜、ちょうどマンションの会議があるらしく、チラリと父親に「昨日5階真っ暗だったよ」って伝えた。
でも会議終わった後も特に電球が切れてたとか停電したとかいう話はない。
また次の日、同じくらいの時間にその5階エレベーターで通ったら全然明るいの。他の階と変わらないくらい。

オカルト信じたい系なので、あのとき5階に降りたらどこか違うところに行けたのかなと思ってしまう。

 

166:
帰ってこられなくなりそうな話だね…
でも、そういう時って不思議と行ってみよう!ってならないのは、本能的に危ないって思うからなのかな?

 

168:
>>166
その時はヤバいものを見てしまったと思って、行けなかったなあ…
私がそれを見る前にエレベーターが止まってたってことは誰か止まって行ったのかも。
って考えると夢がある気もするww

 

171:
俺、お客さんの家に行って作業するメーカーのカスタマーエンジニアをやってるんだが
その家で飼われてる番犬が何故か高確率で俺には吠えない(たまに例外がある)
「新聞配達やガスの検診の人にも吠えるのに、なんで貴方には吠えないんだろうねぇ?」なんて言われることもある

猫を飼ってる家だとその家の猫が寄って来る
その時も「普段は来客があると怖がって隠れちゃうのに」って不思議がられる

俺自身にも自覚できない、動物にしかわからない何かがあるのかな?

ちなみに虫にも好かれるらしくいつのまにか服にくっついてることも多々ある
この前も駅で電車待ちしてたら後頭部がチクチクするから恐る恐る手で触ってみたらカマキリがくっついてた
困ったことに蜂とか蚊みたいな害虫も近寄って来る
まあ蜂はさすがに羽音でわかるから全力で逃げてるけどいつか刺されそうで怖いわ
ちなゴキが家に出ることはない(猫飼ってるからかもしれないが)

 

176:
>>171
猫飼ってるなら自分ちの猫の匂いがついているわけで
尚更警戒心強い猫は他の猫の匂いなんて嗅ごうもんなら
怖くて逃げそうなのに凄いな
うちの超ビビりの子で試してみたかったな
もう虹のはし渡ってしまったけども

 

178:
>>171
この世の者ではない何かも集まっていたりして
ネコさんが追い払ってくれるようなことってあるのかな

 

179:
わたし自身は零感だけど旦那は見える人
家借りるとき間取り立地もだけどいらっしゃらないかどうかも確認しなければならない
現場仕事なのにヤバすぎる家は入れない
友人会わせると時々こっそり勝手に霊視する

 

191:
学生時代にバイト先によく来るホームレスみたいなおっさん
そのおっさんが妙にレジ店員の心を読むようなこと言ってて怖かったわ
夜勤の日程ならまだしも飼い犬が死んだことまで当てられたのは怖かった

 

198:
>>191
嫌すぎる

 

197:
12年くらい前に、昼間にテレビを見ていたら、正午前の短いニュースが始まって、最初の数秒だけ路上にうつ伏せで倒れている人の映像が流れた
その映像についてキャスターが何も触れずに終わって一体なんだったのか未だに気になってる

 

200:
>>197
それたぶんご遺体。
昔はニュースで映像を流しちゃうことがたまにあった

 

201:
>>200
レスありがとう
放送事故ってことか

 

216:
親乗せて車で病院向かってる途中
道の真ん中でフワフワしてるケセランパサラン発見
親は見たことなかったみたいで驚いてた

 

217:
四年くらい前の冬に祖父が風呂場で心筋梗塞になってそのまま亡くなったんだけど、その一年後くらいに祖父母宅にいる夢を見た
自分は台所で祖母と料理の手伝いをしていると、風呂場から祖父が「おーい」と呼ぶ声がした
タオルか着替えでも忘れたのかな、なんてぼんやりと思ってたんだけど、そのとき急に祖父が風呂場で亡くなっていることを思い出した
祖母がそっちに行こうとするのを慌てて止めて「待って、行っちゃだめ」と止めようとするんだけどボロボロ涙が出てきて上手くしゃべれなかった
そしたら祖母が自分の手を握って「大丈夫だよ、これは夢だから」と笑ったところでぱっと目が覚めた

起きた後に鏡見たら泣いた跡があってめちゃくちゃびっくりした
この前お盆で祖母に会いに行ったけどこの夢のことは話してない

 

218:
不思議っちゃあ不思議かもしれないので投下

今から14,5年前の小4か小5の時、呪いのサイトを検索して遊んでいたら、名前を入力して呪いを選択すると呪いをかけられるみたいなサイトを見つけた
試しに嫌いな子の名前を入力して、「足の小指を角にぶつける(箪笥の角だったかも)」を選択して呪いをかけた 
 
すると次の日、その子が先生に「昨日小指ぶつけてめっちゃ痛い~」みたいな話をしていてゾッとした 
その後、再度同じ子の名前を入力して違う呪い(内容は忘れた)をかけてみたけど、それ以降効果は無かった
当時はなんだよ呪われねーじゃんとか思ってたけど、今思うと初回は何だったんだろうってたまに思い出す

まぁたまたまだったんだろうけど不思議っちゃあ不思議

 

220:
アパートの部屋の外から男性が無理矢理高い声出したような「ううう…おぉぉんん…」って感じの声がしょっちゅう聞こえて迷惑
隣の住人の声が外を経由して聞こえるのかなーと思ってちょっとストレス溜めながらも耐えていた
っで、毎回同じ声で変だなーと思ったわけだが、ちょっと窓を開けてみたら…
エアコンの室外機のファンが錆び付いて変な音がしてただけだったぜ

 

223:
前自分の部屋で暇だからケツをパンパン一定の感覚で叩いていたら親が居間で何か爆発してる!?って言い出してワロタ

 

221:
www( ゚∀゚ )

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事