あまりに悪い家庭環境で育ったんだが相談に乗ってくれないか…

雑談 1件
no image

1:
立つかな

 

3:
28歳独身彼女なし。
逃げ出して県外で一人暮らしをしていたが、連れ戻されて今は実家。
手取り13万のうち9万を家に入れてる。
貯金なし。

 

4:
豚小屋で豚と一緒に育てられたレベルなら助ける

 

6:
>>4
物置倉庫でゴキブリと一緒になら…

 

5:
とりあえず生い立ちから書いていく。
長くなるが、どうか付き合ってほしいです

 

7:
みてるよ

 

8:
俺は次男で、上には5歳上の兄が1人いる。
俺は未熟児で産まれた。産まれてすぐに入院して、半年は帰られなかった。
その間、母親が母乳を病院に持って来なきゃいけないらしいが、母親は一度も持って来なかった。
俺は不倫で出来た子供だったから産む事すら嫌だったと聞いた。

そして俺が1歳になる前に父に不倫がバレて離婚。
俺、兄、母は実家に戻った。

 

10:
>>7ありがとう!

それから祖母の家で俺は5歳になった。
その頃から母は暴力が酷くなっていき、毎晩酒を飲んでは深夜に俺を叩き起こし、何故か深夜2時頃から突然風呂の掃除や台所の掃除をさせられた。

あとは母が眠くなるまで耳をハサミで切られたり髪をライターで軽く燃やされたり、アイスピックで首を刺されたりほうきの柄でみぞおちを突かれたり…
本当に書くとキリがないほどの暴力を受けた。
これがほぼ毎日。
祖母が気付いたら止めてくれていたが、祖母は1階にいたので気付く事はほぼなかった。

兄には何もしなかった。

 

9:
なんだその糞母親
レ〇プで生まれて祖母に預けられた女を知ってるけど事情は分からんでもなかったが
お前の母親は人外外道の人非人だな
捨ててしまえそんな生き物

 

11:
>>9
ありがとう!共感してくれたこと感謝する

 

13:
うちもなかなかだがこれはキツい話だな

 

14:
そして小学校に上がると同時に、祖母の家を出て近くのマンションで俺、兄、母の3人で暮らす事になった。
兄との2人部屋を貰えて嬉しかった。

でも3人で暮らし始めた途端、暴力は激しくなった。
今思えばアルコール依存症の母は、やはり毎晩俺だけを起こし殴った。
泣き声がうるさいからか、いつも口にガムテープをぐるぐる巻きにされていた。

 

15:
木箱のようなもので目を殴られて、涙が真っ赤になった日があり、さすがの母も慌てて優しくなった。
ごめんねごめんね、と言って目を撫でてくれた。
片目の視力がかなり落ちたくらいで特に異常はないが、あの日だけは優しくなってくれて嬉しかったと今も思い出す。

でもまた毎晩のようにガムテープで巻かれて殴られる。
学校にバレないように顔はあまり殴らなかったけど、髪はハサミでジャキジャキに切られたりしていたので、髪はいつもぐちゃぐちゃだった。

 

16:
そしてある日、歩いて10分くらいの所に狭い貸し倉庫?のようなものがあり、夜中そこに連れて行かれた。
祖母が借りていた所で、母は貸し倉庫の鍵を引越しのとき貰っていた。

中には野菜とか家具があり、電気くなく真っ暗。
もちろん窓も何もない。
広さは5畳くらいだったと思う。
そこに入れられた。
 
本当に本当に怖くて、何度もドンドンした。
でも両手をガムテープで巻かれ、口にもガムテープを巻かれていたので泣きながら一晩過ごした。

 

18:
ちなみに食事はコンビニで買って来たもの。
手料理なんて本当に一度も食べた事がなかった。それは兄も同じだった。

話は戻って、貸し倉庫に連れて行かれる事にも慣れ始めた俺は、殴られるより全然いいなと思っていた。
暑くて死にそうだったけど、静かに過ごせる事が嬉しかった。

でも何かを取りに来た祖母に朝発見された。
祖母は母に怒り狂ってくれた。
こんな酷い事をするのなら俺を引き取るとも言ってくれたらしいが、ここで母は更にキレ、祖母に居場所を伝えず新しいアパートに引越し。
この時俺は小学3年生だった。

 

19:
これは…よく今まで頑張ってきたな
本当にすごいよ

 

21:
新しいアパートに引越したあたりから、母は知らない男を連れて来るようになった。
そして気付いたら家に住み着くようになり、再婚したのだと知った。
再婚してから母は料理をし、父と兄に振る舞った。
俺は部屋から出て来るなと言われていたので、家にあるパンとかを食べていた。

でも、その父は母に暴力を振るうようになった。
母は鼻を骨折したり鎖骨を折ったりした。
でも、もとはと言えば母が悪かった。
父に酒瓶を投げつけたり太ももを刺したりしていたので、どっちもどっち。
気付けば父が母を殴る→母が俺を殴る、という感じになっていた。

 

23:
子どもなんて家と学校しか無いと思うんだが未就学児でこれだと誰も気付けないな

 

25:
俺を殴る母を見ても父は一切助けてくれなかった。
ため息をついているだけだった。
もう俺も諦めていて、謝る事も泣き叫ぶ事もしなかった。

でも一つ本当に嫌な事があった。
それは、父と母が昼夜問わずセ〇クスしまくる事だった。
兄が遊びに行ったりすると、俺がいてもお構いなしにヤリまくる。
リビングでも玄関でもしてた。
俺は耳をこれでもかってくらいに塞いで、鼻歌を歌ったりして聞こえないようにした。
でも聞こえる。
本当に嫌でたまらなかった

 

26:
そんな毎日が続いて、俺は小学5年生になった。
その頃に、新しく家を建てて祖母も一緒に皆で住もうとなったらしく、俺は転校をし、新しい一軒家に祖母も一緒に住んだ。
いわゆる2世帯住宅。1階が祖母、2階が俺と兄と母と父。
俺の部屋も用意してくれた。

 

27:
でも家は新しくなったが何も変わらず、ただ祖母を巻き込んだだけだった。
相変わらず毎晩殴られた。
学校でバレそうになった事が一度だけあったが、コケただけだと嘘をついた。

毎晩毎晩母と父の怒鳴り声、食器類や家具が壊れる音が当たり前だった。
俺は祖母が大好きだったから、いつも1階の祖母の部屋にいた。
うるさいねーとか言いながら、祖母がご飯を作ってくれたり一緒にテレビを見てくれた。

兄はグレていたので、ほぼ家にはいなかった

 

28:
祖母になつく俺に怒った母は、祖母の部屋に来て俺を殴った。
祖母は慌てて俺に覆い被さってくれたが、母は祖母まで殴った。
その時俺は初めて怒り、初めて母に怒鳴りつけた。
殴るなら祖母のいないところにしてくれと頼み、それからは2階に呼ばれては、わざわざ殴られに行ってた。
今思えば馬鹿らしいが…

 

30:
俺が中学生(何年生かは忘れた)のとき、祖母は足を悪くし、杖を使うようになった。
それを知った母は、チャンスとばかりに祖母の目の前で俺を殴ってきた。
祖母は上手く歩けないので助けられず、やめなさいやめなさいと泣いてくれた。
それを見るのが本当に辛くて、俺もおかしくなり母に「もう殺してください」と泣きながら土下座した。
すると母は2階から灯油をコップに入れて持って来て、その灯油を俺にかけた。

 

33:
あ、これ焼かれるんだな、と思った。
怖くて震えが止まらなかったが、祖母まで巻き込むと思い玄関に行った。
母はライターを持って「お前はこの家の癌だ」と叫び、俺のせいで離婚したこと、俺のせいで兄がグレたこと、俺のせいで苦しい思いをしたことを泣きながら叫んできた。
俺も謝りながら泣いた。
やっと死ねる、熱いだろうな、祖母はどうなるんだろ、とか考えてた。

その時祖母がヨタヨタしながら俺のところに来て、俺に抱き着いた。
灯油がついて危ないから離れるように言ったが、祖母は「(俺)が死ぬのなら私も死ぬよ」と言ってくれた。
それ聞いて俺はボロボロ泣いて、祖母を引っ張って庭に出た。
そして祖母だけ庭に残し俺は家に戻って鍵をかけた。

 

34:
すると母もボロボロ泣いてた。
そして何故か抱き締められた。
悲劇のヒロインごっこだな、と思い俺は冷めていたが、その日は火をつけられずに済んだ。

そして俺が17歳のとき祖母は死んだ。
俺は高校に行かせてもらえず、ずっと働いていた。
仕事場に兄から電話があり、慌てて病院に行ったが遅かった。
そこから俺はおかしくなった。

 

35:
見てるぞ

 

36:
食事もとらず、未成年なのに毎日酒と煙草だけで過ごし仕事にも行けなくなった。
祖母がいない家にいることが辛くて、逃げるように県外に行った。
適当に寮のある仕事を見つけ、そこで働いた。
身長が177センチあるのだが、そのときの体重は47キロくらい。
別にこのまま死んでもいいや、と毎日考えながら生きていた。

 

38:
今思い返すと、よく生きてたなって生活だった。

そして朝仕事に行き挨拶をすると、何故か皆シーンとしていた。
ん?と思うと社長と上司に呼ばれた。
どうやら前の晩、母が職場に電話をして喚き散らしたとの事だった。
私の息子をアリのように働かせやがって!訴えてやる!クソが!とか言っていたらしく、全く会話ができない状況だったらしい。

ちなみに俺は職場も何も教えていない。
電話番号すら知られていない。
何故だ…と思ったら、知り合いに韓国人だか北朝鮮だかのチョウさんという人がいて、その人はヤバいほど顔が広いとかでチョウさんに探偵紛いのことをさせたと後から兄に聞いた。
それまでも、俺の地元の友達や職場に電話しまくり暴言を喚き散らしたらしい。

もちろん俺はクビになった。
そしてその日のうちに父と母が来て、何故か父に車の中で思いっきり殴られた。

 

39:
俺は引きずられるように家に連れ戻された。
もうどうでもいいや、と思った。

そして俺が20歳になったくらいに、また逃げ出した。
絶対にバレないように誰にも何も手がかりを残さなかった。
もっともっと遠くへ逃げようと、とにかく遠くに行った。

それからの5年は穏やかに見つからずに過ごした。
俺はこのとき25~6歳で、生まれて初めての彼女もできて嬉しかった

 

40:
結婚しようかとなり、兄とは連絡をとっていたので、兄には報告した。
すると「母が反省してるよ。結婚の報告だけでもしてあげたら?」と説得され、もう5年以上も経つのだし…と思い、非通知で母に電話をした。

 

44:
久しぶりに母の声を聞き、心臓がバクバクなった。
でも結婚することを伝えた。
すると母は意外にも喜んでくれて、今まで酷い事ばかりしてごめんね。一度彼女と挨拶に帰っておいで、と優しく言われた。
俺は驚いたが、やっとまともに話せたことに喜んだ。

そして彼女と2人で実家へ行った。
震えが止まらず本当に怖かったが、久しぶりに母に会った。
父は仕事でいなかった。

 

46:
母は優しく俺と彼女を迎え入れて、良かったねと言ってくれた。
本当に嬉しかった。

そして夜になり、夕飯一緒に食べようとなった。
すると母が豹変した。
テーブルを蹴り、彼女に「ヤリマン女」「お前のせいで(俺)は猿になった」←?
「こんなブスにのぼせやがって」など、とにかく酷く叫びだした。

俺はまずい、と思いダッシュで逃げた。
彼女は混乱していたが、とにかく逃げて家に戻った。
本当にごめん、と彼女に謝り、彼女も大丈夫だよと言ってくれた。
が、結婚はなし。別れてくれと後日言われた

 

48:
俺は疲れ果て、27歳で練炭自殺をした。
しかし車の中でした事により山の中に車が停まっていると通報され助かってしまった。
1週間ないくらいで退院し、もちろん実家にも連絡された。
精神科の先生には事情を話したが「お母さんを受け入れることが大切」「産んでくれてありがとうと思う事から始めてください」と言われて薬を出されただけだ。
警察にも退院後すぐに行った。無意味だと思っていたが、やはり無意味だった。
あなたの精神が落ち着いてお母さんと距離をとることが先決、と言われて終わった。

 

50:
成人済だとこうなるよな、と落胆したが、なんとか仕事をまた始めた。
逃げることに疲れたので今は実家。

父はいつの間にか死んでて、兄は結婚してる。
母と2人で暮らしてるが手取り13万、母に9万を渡している。
夏はクーラーをつけるから10万だと最近言われた。

 

52:
もちろん今は殴られたりはない。母とは会話はないし顔も合わせる事はない。
完全にただの同居人として生活してる。
たまに灰皿とか投げつけられたり、暴言はあるがどうでもいい。

自殺しようとした俺を完全に異常者扱いし、ただの金をくれる物だと思っている。

 

53:
俺はもう、逃げる事で更に状況が悪化する事が怖くなった。
このまま金を払いながら生きていくのだと諦めていたが、今日、ふと涙が出てきた。

長くなって申し訳ないし何がしたいか自分でもわからないが、助けてほしい。

 

55:
>>53
いいから逃げろよつべこべ言ってんな考えるのはその後だ

 

60:
>>55
やっぱりそうだよな…
でも、中卒でこの年齢で、今の仕事を辞めて逃げてもって思ってしまう。
また逃げた先で関わった人に迷惑かけて恥かいてってのが正直怖い

 

54:
俺含めてここの連中はお前を助けることは出来ない
ただし、助言をすることならできる
実際に行動するかはお前次第だ
まずどうなるのがゴールなのか教えてくれないことには助言すら出来ない

 

58:
>>54
そうだよな、すまん。
ゴールは今まで考えた事ないが、漠然と母が死ねば終わるのかなとは思っている。
俺自身は、思い出して辛くなったりしたくない。
出来ることなら何もかも忘れて平凡に暮らしてみたい。

あまりにも漠然としててすまん、これしか浮かばなかった

 

63:
>>58
なるほど
穏やかに暮らしたいと言うわけだな
つまりその穏やかな暮らしには母親は不必要って事で良いのか?
それとゴールに向かうためにはそれなりのコストを支払わなければいけないけどそれでも良いの?

 

64:
>>63
うん、母は不要。
コストか…他の人は巻き込みたくない。
となると、死ぬしか逃げ場はないよな

 

66:
>>64
環境とか心境の変化って凄く勇気がいるからお前にその勇気があるかを聞きたかった

 

68:
>>66
勇気はないのかもしれない。
結局、怖いよーやだよーって駄々こねてるだけだよな俺は。
でもまた変える勇気は欲しいと思ってる

 

71:
>>68
他人を巻き込んでも自分のワガママ突き通す位じゃないとあかんかもな

 

73:
>>71
だよな、ずっと今のまま母の死を待つだけとか情けないよな。
もう一回勇気出して逃げるかな…

 

78:
>>73
戸籍抜くとかしたら母親とはもう他人になれるんじゃないか?
実際出来るかはしらんけど

そうすれば万が一会社に押し掛けられても警察につき出せるし、上手くいけば法的に接触を絶つことも出来ると思う
抜いた上で逃げれば捜索届けも出せないだろうし

 

81:
>>78
全然思い浮かばなかった!
それいいな!
早速休みの日にでも区役所行ってくる。
参考になったよ、ありがとう

 

85:
>>81
戸籍抜いたら近くにいても何かされたら警察に刑事事件としてつき出せるし、遠くに逃げる必要も無いかもな
家族だと民事不介入だから難しい

 

89:
>>85
戸籍抜けるかわからんが、とにかく逃げてみるよ。
借金は怖いが…

 

91:
>>89
出来るか分からんが出来なかったとしてもお前が何かしようって気になれたのならこちらも嬉しい
応援してるから頑張れよ
とりあえず役所に行ってダメでも諦めんなよ

 

65:
虐待されすぎると逆らえなくなってしまうよな
辛かったな
自分も毒親から逃げて結婚して新しい家族と暮らしてる
連絡も全部無視してあとは毒の葬式位でしか会うつもりもない
なんとかして逃げて>>1自身の幸せを見つけてほしいよ

 

67:
>>65
ありがとう。つい読んで泣いてしまった。
逆らえないし逆らった時の代償が大きすぎて怖いよな。
逃げきれて良かったな。
新しい家族と幸せになってくれ

 

79:
なんか、どうにかしてでもまた逃げようと思えてきた。
貯金ゼロだけど借金してでも逃げるしかないよな。
ありがとう

 

80:
逃げるならしっかり計画立てて逃げた後も生きていけるようにするんだぞー

あと兄貴も連絡とらず切り捨てろ
助けてくれなかった兄弟なんて必要ないだろ

 

84:
>>80
うん、兄は切り捨てるつもり。
ありがとう!
なんとかまたやってみるよ!

 

82:
自分も毒親に育てられたよ。
あっちにお母さんのことは忘れてくださいって言わせて今は実家とはなにも関係持たず暮らしてる。
とにかく逃げろ。
お前の人生なんだから糞親の言うとおりになるな。

 

86:
>>82
やっぱり何があっても逃げる事が大切なんだな。
関係持たず暮らせてて良かった。
俺ももう一度頑張ってみるよ

 

92:
皆ありがとう。
本当にありがとう。
ばーちゃんの為にも腐らずに、もう一度頑張ってみます。
借金して家から逃げる。
連れ戻されてもまた逃げるよ。
本当に感謝してる。

 

93:
今はどこも人材不足だから20代とか仕事ならすぐ見つかると思う
がんばってほしい

 

96:
区役所で戸籍のこと聞いて、ダメなら住民票を閲覧禁止にします。

今まで共依存だったのかも。
色々なことに気付かせてくれて本当にありがとう。
虐待のトラウマとかは一生消えないんだろうけど、俺なりに立て直してみるよ。
もう諦めないと思う。
本当に本当に感謝。ありがとうございます。

では、おやすみ。
付き合ってくれてありがとう。

 

108:
今戸籍について調べてみたけど、以下みたいな事だったよ。気持ち的に楽になるって意味なら、やったらいいかもね。
住民票の閲覧制限は絶対かけてな。


未婚の成人ならば「分籍届」を出せば親の戸籍から抜けることはできます。
手続としては、本籍地の役所で、「分籍届」の用紙をもらい、記入して出すだけです。
なお、分籍しても、親兄弟と絶縁することにはなりません。扶養義務等がなくなるわけでもないし、遺産相続の権利がなくなるわけでもありません。血縁関係自体は抹消できません。親からの独立と、籍を分けることの間には何の関係もない、と心得た上でお手続下さい

 

109:
分籍するという行為にいたった経緯ってのは何かと使えたりすると思う
思いを目に見える形にするってのは大事
扶養義務があるからといって必ずしも生活保護が受けられなくなるわけじゃないはず
あと、成人してるなら弁護士のほうが警察よりも柔軟に動いてくれることがある
実際に警察では被害届門前払いされたやつ、弁護士に頼んだら訴訟起こせた
お金なくても弁護士雇える制度はある(法テラス)から、精一杯頭使うんだ
名も戸籍も変えれる可能性だってある
とりあえずできることはすべてしろ
そんなクズ女は世の中から排除するべきだわ

 

120:
毒親の共依存だなあ
自分もずっとそうだったけど、ある日酷いことがあって泣いて暮らして身体壊した後にハタと我に返って共依存から抜け出せた

まずは親から愛されてないことを認めること
親からなんて愛されてなくても生きていけることを悟ること
ぶっちゃけ親を物理的にもメンタル的にも切り捨てた今は天国だよ
うぷ主は切り捨て方が甘いんでどこまでも粘着されるんだと思う

あとトラウマから母親は自分より強い、勝てないって思ってるんだろうけど、成人男子が中年女に腕力で勝てないわけはないんで怯える必要はない
とはいえ暴力はイカンのでとにかく切り捨てて逃げろ
20代ならいくらでも職はある
期間工なら寮付きだし給料もいいのでオススメ

 

131:
絶対逃げ切って。
そして絶対幸せになって欲しい。

 



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    とりあえず そのクソ女動かなくなるまで顔殴ってやれ
    中途半端にやると仕返ししてくるから手加減するな ついでに汚い穴に熱湯ぶっかけて2度と使えんように

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事