【怖い体験】幼い頃「ちゃっぴぃ」という名の人形を可愛がっていたのだが、何故か夜は遠ざけていて…

恐怖 0件
幼い頃の投稿主には「ちゃっぴぃ」というお気に入りの人形があり、昼は可愛がっていたが、夜は何故か怖がり遠ざけていた。
しかし母と姉、兄がその人形を気味悪がったため捨てることになったのだが───



 私が体験していたり、私の身内が体験していてそれが本当にあったことだから怖いのであって、 文章にするというほど怖い話ってわけじゃないですし、よくある話だと思われると思いますが 「動く人形」についてここに書かせて頂きます。
 こういったことを書くのははじめてなので、読みにくいかと思います。



 我が家ですが、家でラップ音やらポルターガイストやらは日常的に起きているような幽霊屋敷でした。(私が中学生の頃にわかったのですが、霊道が通っているらしいです)
 幼いころから私はそんなに霊感があるというわけでもないのに、二階にある両親の寝ている部屋が恐ろしくてたまりませんでした。いまでも怖いです。
 怖すぎた私は毎日泣いていたそうで、もう二階に上がる階段からして怖がっていたそうです。



 そんな私に甘い祖父は自分たちの寝ている離れで眠ればいいと小学生の私に提案しました。 二つ返事で了承して、父と母には祖父から言ってもらい怖い二階の部屋から脱出できました。
 安心したそばから私はわがままが許される場所でわがまま言いたい放題。 毛布はこれがいい、タオルはこれじゃないといやだ。ここに枕をおいて。とこだわりを見せました。
 私は今もそうなのですが、眠るときに枕元にぬいぐるみだったりがないと何故か安心して眠れないのです。



 ここからはほとんど聞いた話です。私はおぼろげにしか覚えていません。



 その人形は「ちゃっぴぃ」と呼んでいました。顔は赤ちゃんのようで、だっこすると目を閉じるようになっている人形です。
 私はそれを昼間は可愛がり、夜になると怖がって遠ざけていました。理由はわかりません。
 祖父に、祖母に、姉に、兄に、頼んで「ちゃっぴぃ」を祖父母の部屋から遠いピアノの置いてある部屋(通称、ピアノの部屋)に置いてきてもらって眠っていたそうです。



 ですが、何故か毎朝・・・眠っている私の胸の上にその「ちゃっぴぃ」は居たのを覚えています。 昼間は可愛がる私は朝自分の上に居る「ちゃっぴぃ」を可愛がっていたらしいです。



 気味悪がったのは姉と兄でした。私は姉とは9つ、兄とは7つ違うので、よく遊んでもらっていました。
 二人は「ちゃっぴぃ」を捨てようと母に頼み、母はその人形をはじめて見た時から「気持ちが悪い」と苦笑いしていたので了承し、姉と兄で私に「その人形捨てよう?」と説得してきました。
 私はその時の記憶はありませんが、姉と兄のいうとおりその人形を手放すのに迷いはなかったと思います。単純に姉と兄に構ってもらえるほうが嬉しいからです。



 そうして捨てられた人形。
 姉と兄はふざけてその人形を「ちゃっぴぃ」ではなく「チャッキー」と呼んでいました。そのうち私も「チャッキー」と。
「呪いの人形だから殺しに来るぞ」とふざけて笑っていたのは覚えています。



 それからずいぶんと経った頃です。
 姉が家の掃除を手伝っていた時、姉は仏壇近くの戸棚の中に黒いビニール袋を見つけました。その中身に記憶が無かったので開けてみることに。
 そしてその黒のビニールを暗い戸棚から出して、明るい部屋で見た途端に悲鳴をあげました。
 その悲鳴に驚いて駆け付けた兄も驚きで声を上げそうになり、母は無言でそれを見ていた。



 黒のビニール袋のまるで内側から力づくで押したように、ビニールは伸びて形を変えていました。腕と顔の形がはっきりわかるほどに。
 まるで意志を持っているかのように右腕をビニールに突き立てているのは、すでにその存在を誰もが忘れていた「ちゃっぴぃ」でした。
 私が学校から帰ってくる前に捨てようと、当時はいまほど庭でゴミを燃やすことに厳しく言われていなかったので庭で「ちゃっぴぃ」は焼かれました。



 誰もその人形が自ら動いているのを見ていません。
 それでもひとつ確信して兄と姉が言えるのはこの人形は、確実に毎夜ピアノの部屋に自分たちが置いていたし、捨てる際は母と一緒に確実に町の決めたゴミの回収日に出したということ。
 私も記憶がほとんどないですが、毎夜その人形がとたんに怖くなって遠くの部屋に置いてきてもらっていたことと、その人形がなぜか確実に私のもとに朝になると戻ってくるという確信を思っていたこと。



 ちなみにその人形、父も母も祖父母も買ってあげた記憶が無い、いつの間にか私がだっこして「ちゃっぴぃ」と何故か呼んで可愛がっていたのだと・・・
 両親も祖父母もお互いに誰が買ってやったのかをとくに気に留めていなかったというのです。



 そして私は家で未だに呼ばれているあだ名があります。それは保育園のころからいつの間にか自分で自分をそう呼んでいたことからついたあだ名。
 私は自分を「ちゃっぴぃ」と呼んでいたそうです。
 今でも家では「ちゃっぴぃ」と呼ばれています。
 そして、人形の名前も「ちゃっぴぃ」だったのに誰もその違和感には気づいていないようです。というより、我が家ではかなりこういった現象・・・幽霊的な?ものが多く起きていたので、気にも留めていないという感じですね。



 とくに怖くもなくてもうしわけないです。最後まで読んで下さりありがとうございます。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事