幼い頃「実父ではない」と教わった父と別れた→成人後、父の再婚相手が訪ねてきて衝撃の事実が…

修羅場 0件
no image

90:
幼い頃に別れた父が実父ではなかったと教えられたけど、実は実父だと判った。

母親は産後の肥立ちが悪く、長期の入院生活の末に亡くなった。
以降、学齢前迄実父に育てられた。
私は伯父の養子になり、養育は叔母にして貰った。実父にも叔母にも可愛がられた。

叔母には、父が海外で仕事することになり連れて行くのが困難だったこと。
その少し前に私が交通事故に遭ってたこともあり、シスコンの叔母が、私と逢えなくなるのを嫌がった事。
私の将来の手続きや、叔母の将来(結婚)を考えた伯父の発案で伯父の養子になり養育は叔母。
と言う形になったと説明されてた。

成人して暫く立った頃に、叔母に会って欲しい人がいる。と言われた。
叔母と私と揃ってその人と会った。伯父と伯父の知り合いの弁護士も一緒だった
相手は実父再婚相手だった。
実父は海外に行って暫くして会社を興し、再婚してたそうだ。
奥さんは、古い書類を持参してた。私と実父の親子関係を否定する遺伝子鑑定書だった。

そして、色々教えられた。私が事故に遭ったとき、腑に落ちないことがあって実父が遺伝子検査をした。
結果を知った実父や実父父母は、私の養育を拒否。
話し合いの末に私は伯父の養女になり、叔母に育てられてたらしい。
弁護士さんはその時にお世話になった人で、両家の取り決めなどを色々説明された。
伯父は難しい顔をしていて、叔母には、欺していたことを謝罪された。

奥さんがわざわざ来たのは、私に遺伝子検査をして欲しい。と言うことだった。
実父は、奥さんとの間にできた子供の遺伝子検査をして、親子関係が否定されたと言って離婚を求めたそうだ。
奥さんに身に覚えはなく、頼ることにしたのが私の存在。
私と自分の子供達の検査をしたい。と言うことだった
実父の遺伝子に異常があり、正常な鑑定ができないのでは無いか。と言う疑いを持ったそうだ。
検査し直してくれと懇願したけど、実父を怒らせるだけの結果になったらしい。

 

91:
誰かわかりやすく頼む

 

92:
アンビリでやってたみたいなのか

 

93:
伯父叔母は母方なのか父方なのか
叔母は誰の妹なのか

 

99:
お父さんがキメラなのかね?

 

109:
>>99
そうだよね、生殖細胞だけ二卵生双生児の片割れかなんかで、結局自分の行為に
よって生まれたが自分の子ではないと。
ムズカシーネ

 

100:
伯父(長男)実母(長女)叔母(次女)です。
実父は一人っ子。

結局一晩考えて、遺伝子検査受けたよ。弟が2人できた。
実父は遺伝子異常だった。

実父の奥さんは色々あって離婚した。やり取りの中で愛想が尽きたらしい。
そして、伯父や叔母と和解。叔母と友人になった
伯母(伯父の妻)から謝罪が来たよ。当時、不貞の子供の養育に大反対したらしい
実父はは私が実子だったと知って、引き取りたいと申し出てきた
その時は。弁護士も交えてお断りした。

血の繋がった子供と裏切らない妻に執着する嫌な人になってた。


後日談は、ちょっと夜に書く。ごめんね

 

110:
>>100
結局、前妻腹の>>90さんも後妻腹の子達も
全員がお父さんの実子で間違いなかったんだよね。
後妻さんの勧めた再検査のお蔭で
亡くなった>>90母の名誉も回復したし
過去にもめた母方親族もスッキリしただろうし
後妻さんも濡れ衣が晴れたのはせめてもの幸い。

被害者ヅラしてた父がクズ化したのが残念だね。
後日談待ってるよ!

 

114:
海外で結婚した実の父親が託卵されそうになったって話かな

 

117:
>>114
ちがう

結婚して娘生まれた。妻は死んだ → 遺された子が交通事故に遭った時、
(理由は不明)遺伝子検査してみたら、自分の子供じゃなかった → 托卵されてた子供
育てるの嫌なので捨てて、海外で心機一転 → 再婚してまた家庭持った。男子2人もうけた
→ (理由は不明)遺伝子検査してみたら、またしても自分の子じゃないという結果が
→ くっそー!なんで俺はこんなに騙されるんだ!許せない! 妻は不貞してないと主張する。
知らん!捨てたい → 妻が前妻の子と自分の子の遺伝子調べて無実を晴らしたいという
→ 知らん!俺はついていかん → 妻と前妻の親戚と前妻の娘が遺伝子検査 → 俺の
遺伝子がなんか変だった。前妻・後妻の子供全員俺の子だった。 → みんなごめんね仲良くして
→ 実子・後妻から拒絶

ここまで。間違ってたらごめん

 

126:
>>117
わかりやすいありがとう。

 

128:
>>117
素晴らしくわかりやすい

 

111:
90父が海外で再婚した女性は日本人なの?

本人には当たり前に実在する家族親戚だけど、読む人にとっては
無機質な「伯父」「叔母」という文字だけからイメージ広げていかないといけないから、
もう少し前後関係のわかるストーリーや登場人物の性質や特徴が付加されてると
わかりやすかったかもね

まあ、しょうがないとはいえ染色体異常の自分が原因だったのに托卵を疑って
自分を捨てた実父が今になって手のひら返してきても気持ち動かんよね
2回目は少しは冷静になって自分から遺伝子異常に意識が向いてもよかったのに
また家族捨てようとしたような人だから、残りの人生は独りで生きていくしかないわ

 

133:
私の書き方が悪くて荒らしてしまい、申し訳ありませんでした。
>>117さん。判りやすくまとめていただいてありがとうございます。

実父は、余命宣告されたそうです。
今は遺産の分配について思案中。
経営してる会社は売却を検討しているそうで、遺産は子供達で分配。
という腹づもりだそう。
ついては見舞いに来い。という手紙が、弁護士経由で送られてきました。

叔母には、私の気持ちは一端脇に置いて、見舞いに行ってやりなさいと言われました。
心残り無く逝かせてやるのも親孝行。
その方が後腐れも無いだろうとのことです。
弟達とも連絡を取った結果、行くなら全員で日を合わせようという事になりました。

>>111
実父の再婚相手は、日本人です。
弟2人は、海外生れの海外育ちです。

 

116:
キメラは「遺伝子異常」とは違うよなあ

 

120:
しかし、遺伝子検査にそんなちょいちょい不確定要素によるミス解釈があるなら、
あんまり当てにできないね
ひとつ間違うと家庭崩壊、関係者の人生に多大な影響を与えてしまうのに

 

121:
安心しろ。
生殖細胞キメラなんて見つけたら論文になるくらいの稀なケースだ。

 

122:
まれだけどゼロじゃないからみんな困るって話じゃないの

 

124:
ゼロじゃないけど実用上まったく問題ないレベル。
宝くじ買ったところで豪華客船世界一周を予約するのがアホってのと同じくらいのレベル。

 

125:
以前、母親側が同様の話があったよ

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事