土地と名義を持つ人間を呪う「いわくつき物件」に住んでいるんだが…

恐怖 1件
no image

7:
生活板から誘導されてきました
いわくつき物件に住んでいます

嫁の実家筋の家で、わけあって夫婦二人で県外から転居しました
そこは元々人や動物の死体を埋めて塚が立ってるような土地です
(当時の報道が出てくるので詳細はぼかさせてください)
高度経済成長期に塚を壊して家にしたと聞いています

家と土地の名義を持った人にだけ怪奇現象が起こります
その人間が長く家を空けると迎えに来ます
嫁さんが死んだあと、俺が実家に戻っているとついてきて
俺の祖父が何か言われたようで翌週に亡くなりました
その次は兄の子で、ひきつけを起こしたような状態が続き
兄嫁に「あんたが変なものを連れてきたせいだ」と責められて
俺が実家を離れると、回復したそうです

家を売りたくて不動産屋を色々回りましたが
有名すぎる土地らしくてどこも嫌がります
弁護士すら「〇〇(屋号)には関わりたくない」という姿勢
一度手放せそうなチャンスがあり、県外の司法書士に頼んで手続きを進めてもらったところ、
司法書士が大怪我をして同居の親族が亡くなりました
譲渡予定の相手もそれを知って連絡が取れなくなりました

この際もう国に寄付でもしようかなと思っています

 

9:
支援

 

10:
ごめん、食事しに行ってた
特定されない程度でよければ話すから質問してほしい

 

13:
一方的に言うのも悪いから、最低限の情報出すね

・家と土地で、総坪数は20~40の間
・家はリフォームしてあるので比較的新しい
・俺と妻の経験上、3日以上開けるとよくない
・話しかけてくるくらいで肉体的な危害は加えない
・機嫌が悪いと視界いっぱいになるので
 そういうときはテレビや本も見えないと思ったほうがいい

とりあえずこんなもん?

 

14:
あーあと、〇〇(屋号)っていうのが被差別階層なので
周辺の人と打ち解けるのはまず無理だと思って
ゴミ出しも持って行ってくれない可能性があるから個人で収集業者を契約したほうがいい

それからお店でものを売ってもらうっていうのも難しいからネットスーパーなんかを使ってみて
うちからぎりぎり範囲内のスーパーには今のところ距離された経験がない
灯油も無理だから離れたスタンドまで行かなきゃいけない

これは怪奇現象っていうか人間のほうの問題なんだけどw

 

15:
距離された経験じゃなくて拒否された経験

 

16:
ひどいな・・被差別階層の人は誰もがそんな扱い受けてるのか
「話しかけてくる」のはどういった内容を?

 

17:
>>16
もう代々そんな感じらしいよ
結婚も親戚間でしかできなかったらしくて
嫁は無理やり県外脱出して結婚した初の人間だったらしいw

話しかける内容は正直半分くらいしかわかんないw
現代の言葉じゃないっぽくてさ、発音も微妙だし
俺はこっちの人間じゃないからよくわからん
でも落ち込んでるときや怒ってるときは
妙にうれしそうな雰囲気出すからぶっ飛ばしたくなるわ

 

26:
フェイク入れるっていうのやってみるけど矛盾してたらごめん

・家の歴史→
家っていうか土地の歴史になるかな
元々忌地っていうやつらしくて、間引いた子供や行き倒れになった人を埋めてたらしい
ざっくりだけど葬式を出せない人間をそうしたって聞いた
ついでに病気で死んだ家畜も捨ててたっていうからひどい話だよな
それを利用して死体をそこに隠した人がいて、それが事件になって発覚
その後塚を立てて供養してたけど、高度経済成長期に嫁の親族がぶっ壊して家を建てたそうだ

嫁の親族っていうのがこの土地の番人を代々やらされてたらしい
最初から差別があったかは分からない
でも戦後の資料を見る限り、嫁の家だけ「屍」って名字で記載されてたから
その頃は差別があったんじゃないかな

長いから切るわ

 

27:
・家に住むに至った経緯→
元々住む予定はなかったんだよ
嫁さんも実家と縁切りっていうか、こんな差別もう嫌だーって着の身着のまま上京してきた子だから親戚との連絡は一切なかったんだ
それがあるとき急に固定資産税の支払い書が届いて、嫁さんの名義になったことが判明
どうも嫁両親が他界した後に残った嫁の兄が、家と土地を嫁のに相続させたっぽい
分割協議書も偽造されたっぽいし、多分相続税もあっちが成りすまして払ったんじゃないか?
嫁の現住所が把握されてたから、探偵雇ったか戸籍を見たか?という感じ

多分それくらいから嫁が色々と見るようになって、死にたくないから家に戻るって言いだした
俺は何言ってんだと思ったけど、嫁が毎日思いつめたような顔をするから
じゃあ思い切って引っ越そうぜ!となったという流れだな
仮想通貨が盛り上がる前に結構稼いでたから、しばらく仕事なくても大丈夫だしってw

実際行ってみたら本気でどこも雇ってくれなくて、しかたなくネットでできる仕事を探したよ
家も貯金もあるし子供がいないからやっていけたけど、当時は月の収入10万切って泣いたわ
結局島の反対側の集落で雇ってもらえたけど、嫁は絶対に関わらせるなと念押しされてまた泣くというw

・奥さんがなくなった理由→
あー…これはな、あんまり言いたくないけど病気だよ
病気だけど薬を飲めば大丈夫だったのに、飲みたくないって言って緩やかに弱って死んじゃった

実はこの時嫁から「私が死んだら相続放棄するように」ときつく言われてたんだけど
嫁のものは何一つ手放したくなくて、そのまま相続しちゃったんだよね
家も車も全部だよ
相続手続きが終わって1か月くらいたったころかな、あーいるなって初めてそこでわかった
口にこそ出さなかったけどオカルト女扱いして悪かったなって泣いたわ

 

28:
凄まじいな
動画とかに写ったりするの?

 

29:
カメラにも動画にも写らないよ
ついでに言うと県外から呼んだ霊能力者も坊さんも
「何かいる気はするけどわかんね」だってw

 

30:
>>29
その霊能者さんやお坊さんは有名な方々だったの?

 

31:
>>30
俺はそういうの見ないからわからんけど有名なんじゃないかなぁ
大手のテレビ局勤務の友人に相談したら
「そういう番組に出てくれる人がいるから紹介する」
↑面白くなりそうなら番組にするってことw
っていう流れで紹介してもらった人たちなんだよ
本物かどうかっていうのは俺には判断できんしなー

 

33:
>>31
テレビ局経由なんだねー
番組が面白くなる=すごい霊vs霊能者だろうから、まるっきり偽物だとも思えないけど霊能者にも格があると聞くから、なんとなくしかわからない位の人だったのかな
会議頑張れw

 

35:
嫁のご両親、一回テレビ出てない?
同じような家を前にテレビで見たような

同地区の寺が相手にしてくれなくて、どうにかこうにか遠方のお祓いなんかもやってる寺に依頼を出したとか何とか
裏庭?かな?大きな木があって、木の近くの小高く盛り上がったところを掘ると今でも骨が出るみたいな
その時に来た坊様が土地に埋まった骨にこびりついた無念や恨みなんかを祓っていたはず

んで、どうしても2体だけ祓えなくてフェリーだか何だかの時間がなくなるからと自分の寺に引き上げ
後日坊様が残してきたものが気になるからと老夫婦にコンタクトをとろうとするけど誰も取り次いでくれなかったとかいう

残してきた2体は片方は女で片方は性別不明
性別不明な方は窓から覗いてくるとか立て掛けたものを倒すとかの程度、女の方が凄まじかったはず

 

37:
一行一行噛みしめて読んだ 久しぶりに大物キター
普通遺産は奪い合いなのに、押し付け合いなのがリアル

半年以内に、家族で一番若い人が亡くなる

でぐぐると出てくる話が、こちらの話に類似してるよ 忌地だったこととか
こっちは都会の家みたいだから、同じ物件じゃないと思うけど 参考までに

 



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    寺尾玲子さんに頼んでみて!

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事