会社で起こった怖い話を語る!Part7“女子トイレで死んだ男”

恐怖 0件
no image
198:
流れを変える為にちょいと今までと違う怖い話を書いてみる

うちの会社が入っているビルで俺の知る限り、2人が死んでいる
1人は病気でもう1人は自殺
今回は病気で亡くなった方の話をする

 

199:
同じフロアに入っている別会社の人が脳梗塞で倒れてそのまま亡くなったんだけど
その場所が女子トイレだった
亡くなった人が女なら別におかしいことはない、しかし亡くなったのは男だった
何故に男が女子トイレで倒れたのか?これは未だに分からないまま

 

200:
トイレの構造や朝の時点で既に亡くなっていたのを考えると覗きではないだろう
盗撮の線も考えられたがカメラなどは発見されなかった

 

201:
第一発見者は清掃のおばちゃんで俺達が出勤して来た時には既に遺体は運ばれた後だった

こんな事件が起きてしまったら女子トイレに行くのは抵抗があるという事でうちの会社の女子達は他の階のトイレやコンビニのトイレを使う様になった

 

202:
でも人間っていい加減なもので1ヶ月もしない内に普通に事件のあったトイレを使う様になってた
やっぱりいちいち他の階のトイレやコンビニまで行くのは面倒だったんだろう

そんな感じで事件の事も記憶から薄れていきかけていた頃、女子トイレで男の人が鏡に映るという体験をする人が出てきた

 

203:
はっきりいうと幽霊なんて全く信じていない俺からするとそんなバカな事あるわけねーよと思っていた
でも、女子トイレで男を見たという人がどんどん増えていき
最終的には事務員さんまでもが見たと言い出した

 

204:
本当に男の幽霊が出てくるのかを全く信じていない俺と先輩で検証しにいったが案の定何も見えない
ここまできたら集団ヒステリーみたいだなと冷めた目で見ていると
とうとう霊媒師を呼んでお祓いをするという話になってしまった

 

205:
霊媒師を呼ぶにしても無料じゃない、一体誰が金を払うんだという事を女子達が話していると
社長がその輪の中に入っていき、「俺の知り合いに霊感が凄い人がいるから呼ぼうか?多分簡単なお祓いくらいなら頼めばタダでしてくれるかも」と言った

女子達は喜んでいたが、俺は現実主義の社長がそんな事を言うとは思っていなかったのでビックリした

 

206:
社長の知り合いが来てくれる事になりお祓いの日にちも決まった
俺はこの幽霊騒動にうんざりしていたので、騒ぎが収まるならなんでもいいやと考えていた

そして、お祓い当日
如何にも幽霊見えますよ!的な人ではなく至って普通なおばさんがやってきた
お祓いに使う道具らしき荷物をいっぱい持ってきていたが何かまでは見ていない
というのもお祓いには誰も立ち会えなかったからだ

 

207:
どんな事するのか見てみたかったんだけど、それはおばさんに却下されてしまった
なので俺達はいつも通りに仕事に取り掛かった

はっきりと時間は覚えていないが、1時間以上経っておばさんは戻ってきた
おばさん曰く、女子トイレに居たのはやっぱり亡くなった人で自分が死んだ事に気付いていなかったらしい
それでおばさんが死んだ事を教えてあげると消えていったらしい

 

208:
お祓いはしていないけど2度と男の幽霊は出ないと言い切ったおばさんだったが俺は半信半疑だった
幽霊もだけどそれ以上に霊能者という人間が胡散臭いと思っていたから

そんな事を思いながら話を聞いていたら、おばさんが俺に近づいていた
そして、俺の肩をポンっと叩いてこう言った
「あなた、おばあちゃんのお墓に一度もいってないでしょ?寂しがってるわよ」

 

209:
おばさんは俺にそう言うと、もう1人に近づいていき俺と同じ様に肩をポンっと叩くと何か言っていた
そのもう1人というのは、俺と女子トイレに幽霊が出るか検証しに行った先輩だった

そしておばさんは軽く挨拶をして帰っていった

 

210:
ちなみに、おばさんに言われたおばあちゃんの墓参りは本当に一度も行っていなかった
先輩は亡くなったお父さんについて言われたらしいが、それも見事に当たっていた

で、問題の女子トイレの話に戻るが
おばさんのおかげで男の幽霊が出ることは無くなった

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事