ヤバイものを見てしまった…万引きGメンの恐怖体験

恐怖 0件
no image

859:
さっき神社から帰ってきたよ。
ちょっと長くなるだろうけど何でこうなったのか聞いてくれる?
実はまだ現在進行系で取り憑かれている?らしいんだ。
明日もまた神社に行かなければならない。

一応巫女さんにインターネットでこの話してもいい?って尋ねたら、場所を特定されないようにして下さるなら大丈夫ですよ。との事。
場所特定されたら興味のある人達が行くことで波長が合いやすく第二、第三の被害が出るかもしれないとのことだ。

言うても今の所私自身何の問題もないんだけどね。
オカルト板に来るのは初めてなのでもしスレ違いだったら誰か誘導して下さい。

 

860:
話していいなら夜にまたまとめて投下しますね。

 

861:
お待ちしております

 

863:
先程書き込んだ取り憑かれてる?らしい私です。
まず私の仕事が所謂万引きGメンなんです。
Gメンって言ってももうアラサーのおばちゃんなわけだけど。

昨日起こった出来事です。
朝派遣先の店舗に出勤。そのスーパーは今まで何度も警備しています。
スーパーと言っても小さい食品スーパーじゃなくて3階建てとかの衣料品やおもちゃ売り場等もある大型スーパー。
そこに一日8時間、地下の食料品売り場から一階の医薬品、雑貨、二階の衣料品、3階衣料品玩具、文具、子供服売り場等を巡回します。 
小さなスーパーに行くときもあります。
その時は一人で警備しますが、大型店舗ですと二人体制で警備に当たります。
一人は警備室で沢山の監視カメラを視点を切り替えながら360度の角度でチェックします。 
360度チェック出来る高性能なカメラでもどうしてもチェックしきれない死角が存在しますので、大型店舗ですと巡回と警備室の二人が必要になります。

そして今回私は売り場巡回。
余談ですが8時間歩くのはしんどい。

 

864:
昨日の15時頃の話。
15時頃から16時頃は学生の万引きが多いので3階売り場を巡回していました。
心なしかいつもより中学生が多いなと思っていたら入試だったようで。

その中で一人だけどうもおかしい動きの女の子がいました。
彼女はリラックマとかそういうサンリオキャラクター売り場にいて、リラックマのぬいぐるみを手に取り、座り込んでいる。
たまに顔を上げて周りを見ているのと、手元のバッグのファスナーが開いていたので「あぁこれはやるな」と思っていました。

 

865:
私達は絶対に相手に顔を見られてはいけません。
もし目が合ってしまうことがあったなら、すぐさまその店舗から退出してしばらく顔を出せない決まりになっています。
なので、怪しい人物を見かけると絶対に目を合わせないように、相手に顔を見られないように陳列棚の隙間から相手の手元と商品だけ、絶対に目を離さないように見ます。

その後姿から長い一つに結んだ髪の毛、ピンク色のスカート、オフホワイトのニット。

私は彼女の背中側に陳列棚を挟んで同じような格好で座っていました。
眼の前には消しゴムやシャーペン等が沢山ぶら下がっています。
その商品をブラインド代わりにして相手の背後から監視していました。

 

866:
その子が急に立ち上がりました。
手に持っていたリラックマのぬいぐるみは戻された様子がないので、まだ手に持っているか立ち上がった瞬間にバッグに入れたか!
でも私達は決して慌てて一緒に立ち上がったり、後をつけたりしてはいけません。
そして、バッグに入れた瞬間を見ていないと捕捉出来ない決まりになっています。
誤認逮捕を防ぐためです。

私がそれまで彼女の手元を見ていた場所からは、その時は彼女の足しか見えませんでした。
覗いていたシャーペンの陳列の隙間から、少し上の位置にあるシャーペンの隙間をそっと開けました。

するとその隙間、陳列棚の向こう側から張り付くようにこっちを覗き込む彼女がいました。

 

867:
相当パニックになったのだと思います。
私は後ろに尻もちをついて、ヤバイ!!!と思いました。
すぐにその場を離れて店内で使う連絡用PHSで警備室にいる先輩に連絡しました。(Sさんとします)

その時から異常な頭痛。
恐らく驚きすぎて血圧が一気に上がったからか頭がガンガンしていました。
「見られました!目が合っちゃいました!!!」と言うと取り敢えずすぐ警備室に戻ってこいとの事。
はぁはぁ言いながら警備室に行ってからのやり取りです。

 

868:
私「すいません・・・」
S「どこで」
私「3階サンリオコーナーです」
すぐさまカメラをチェックする私達。でもそこにはそれらしい人物はいません。
S「頭髪、年齢、服装、身長」
私「黒髪ポニーテール肩より下、15・・・16歳、ピンクのスカート、白のニット上、白のスニーカー、茶色の大きめバッグ、身長155前後」
S「・・・・・・・・・うん。」
何だか考え込んでいる様子でした。
S「見られたってどんな風に」
そう聞かれたので、監視していた状況からリラックマを手に取り立ち上がった瞬間や、その後、彼女に覗き込まれて目が合った事を話しました。
Sさんは一通り話を聞いた後、携帯から社長に連絡をしました。

 

869:
すいませんちょっとまた頭痛が酷い。
前進総毛立ったのでちょっと一階のリビングに避難します。

 

870:
ちょっと長くなりそうだね
ま、お茶でもどうぞ ( ´・ω・)⊃旦

 

871:
すいません自室が何だか恐いので家族と共にリビングにおります。。
がんばってまとめたのですが、全部纏めきれない。小出しで申し訳ないです。

続き
どうやらその女の子について話をしているようでした。
電話を切った後、Sさんは私に「社長が迎えに来るから」と言いました。
やらかした感でいっぱいだった私ですが、通常顔バレ程度で社長が駆け付けるとか何でーと疑問だったのですがこの後のSさんの話で一気に私の状況がわかりました。
S「社長が着くまでに事情説明しとけって言われたから説明しとくよ。急に神社言われてもな」
私「はぁ、ありがとうございます。神社!?」
S「そう。神社。ちょっとまって、一応録画確認しとくわ」
そう言って、該当する場所の録画をストップして巻き戻して再生してみました。
再生されたビデオに私が映っています。
ですがそのコーナーにいたはずの女の子はいません。
時間は間違いなくその時間で、その後、後ろにひっくり返って逃げ帰る私も映っていた。

 

872:
私「あれ。何で?いや私ちゃんと見てますよ。本当に・・・」
S「分かる。でもなぁ、ちょっとこんな事正直信じられないんだけどね。俺も見たことない。だけど今まで2人同じ子を見てるんだよね」
私はその時はちょっと何を言ってるのか分からなかったんですけど漠然と何か変な気がしてた。
S「君が見た子、実際には存在しない。なんて説明したらいいのか・・・。幽霊って言えばいいのか」
私「え、冗談ですよね?」ここで全身鳥肌が立った。
S「冗談ならいいけどね、それはいいんだよ。ただ今まで見たっていう人達、君がうちに来るだいぶ前の人達。全員亡くなってる。」
私「・・・・・」
S「ちょっと落ち着いて。一人目の人も同じ子を同じ場所で同じ時間に見てる。その時も君と同じように絶対見たって言ってた。でも実際にはカメラには映ってないしね。
何かの見間違いか疲れてたのかみたいな曖昧に終わっちゃったんだけど、翌日から出勤しなくなってね。電話してもしても繋がらない。1週間くらいして社長がアパートに行ったんだよ。
そしたらリビングで倒れててね。薬大量に飲んで自殺してた。それでいっぱいメモがあってさ。メモに見た、見られてる見た、見られてるって書きなぐったのがいっぱい落ちてた。」

そんな話を聞いても、今まで全く心霊とは縁のなかった私だけに、何故か何となく私は大丈夫、みたいな気持ちがありました。
でももしかしたら死んじゃうのかな・・・とも。
まさかそんな非現実的な。

 

873:
S「二人目はね、それから1年くらいしてから。やっぱり同じ子、同じ服装、同じ場所同じ時間。その時は社長が警備室にいたらしいわ。
同じ状況でふたりとも見られたと戻ってきてるから社長もその時はちょっとこれはおかしいと感じてたんだろうね。そのままその人は帰らせて警備室でビデオをチェックしてたんだって。
その付近の時間帯のビデオを全部チェックしてもそんな子はどこにも映ってない。
閉店間際、その二人目の人から社長に電話があって、見られてます、見られてます!って言って錯乱してる風だったので自宅に様子見に行ったんだって。
自宅に行くとご家族が困っていたみたい。部屋にこもってドンドン床や壁を叩いて鍵も締めておかしい、何かありましたか?と」

お茶を飲むSさん。
私は喉からから。

私「それでその方は?」
S「うん、社長は顔が広いからね。あの人も超常現象だとかそういう類の事は一切信用しないけど、二度目だからね。
知り合いの神主さんに電話したんだって。事情説明すると、その神主さんも見てみないと分からないが、余りいい空気が伝わらない。連れて来れるならすぐに連れて来いとの事で。
でも急に、悪いものが取り憑いてるから神社でお祓いしましょう!って家族に言ったって誰も信じないでしょー。社長ですら半信半疑だったもんだから、取り敢えず飯連れて行きますと言って連れ出した。」

 

874:
ちょっと長くなるのではしょって書きますね。
二人目の方は社長と一緒にその神社へ行きました。
神主さん曰く、地縛霊に色んな悪い物がついてる。
言わば本体の霊がマンションみたいになっている。
とのことでした。なにそれこわい。

一日や2日では祓えない。祓いきれない。
本体が周りの霊を呼び寄せるのか、払ったそばから集まってくる。
しかし神社内には入りきれないようなので可能な限り祓いましょう。
と言ってお祓いをするも、本体を祓えずにそのまま帰宅。
何かの札みたいなものを貰って帰ったそうです。

その人もそんな努力も虚しく翌日遺体で発見されました。
貰ったお札は玄関の靴箱の上に置いてたようです。
その方は自室で首吊り。
ご家族への説明が凄く大変だったそうです。

それがあって今回私で三回目、その時社長が到着しました。
続きは今夜また書けたら書きます。凄く長いけど大丈夫かな(´・ω・`)

 

875:
>>874
続きを待つのはやぶさかではないが
「…これが859の最後の書き込みだった」なんてことにならないよな……

 

878:
>>875
ご心配ありがとう。
結論を先に言いますと今日伺った神社の神主さん曰く、私に物凄い強い守護霊様がいるとの事です。
今までに何回死んでもおかしくない事故なんかがあったのではないかと聞かれました。
確かに3回事故で死にかけてます。
一度目は左腕がちぎれかけました。今は繋がってます。小指以外ちゃんと動きます。
二度目は車にはねられ頭蓋骨陥没骨折、
三度目は尼崎の福知山線での電車事故でした。これは無傷。
どのご先祖様かわかりませんが、ご先祖は昔その地域では有名なお医者様の家系で沢山の人々を無償で助けてきたと聞いたことがあります。
私の曽祖父の代で落ちこぼれてろくでもない家になってしまったそうですが(´・ω・`)
祖母がよく愚痴ってました。

 

879:
>>878
なに、例の福知山線事故を無傷で生き延びたとか
どんだけ凄い守護霊なんだよw

 

880:
霊的なのもいいが福知山線の事故の体験談を聞きたい。

 

881:
>>880
それはちょっと興味あるね
どれほどの奇跡が起きたのか聞かせてもらおうじゃないか

 

882:
>>881
だよね。
あれだけの事故の当事者ってすごいことだよ。

 

883:
とりあえず話を最後まで聞こうじゃないか

 

884:
福知山線の話はまたお話しますね。
今でもPTSDはあって、電車は余り乗らないけど、車に乗ってても急ブレーキされると動悸と冷や汗がスゴいんですよね。

あぁ、しばらくお墓参りしてないから行かなきゃ。
明日神社に行く前にお墓参りしてから行くことにします。

 

885:
>>884
ま、しんどい話なら無理せんでええよ

 

905:
すいません遅くなりました。
社長が到着してからの話を書きますね。

社長は既にその神主さんに連絡済みで、すぐに車に乗るように言いましたので乗車。
その店舗から30分程走らせた所にその神社がありまして。神社の名前は伏せさせて貰いますね。
その神社に着くと、既に鳥居の所に神主さんと2人の巫女さんがいらっしゃいました。
神主さん達は私を見た時困ったように苦笑されて一言。
神主「これはこれは・・・大勢でいらっしゃって」と言いました。
二人だけなんだけどな。

社長と神主さんが話しながら歩き出しました。
巫女さんの一人が「本殿に参りますのでどうぞご一緒に」とおっしゃいました。
先頭に社長、神主さん、二番目に私と巫女さん、最後に巫女さん。
こういう形で歩いていたのには訳があったそうで、後から聞いた話しでは最後に私が歩いているとどんどん増えていくとの事でした。
最後に神事に仕える巫女さんを入れることで余計な物が付いてこないとか。

本殿に入るとそこでは沢山のお供え物とろうそくが沢山ありました。
よく神社で見かける白いバサー!バサー!ってするものや鈴とか色々。
そのバサーバサーってするやつで頭から背中から埃を払うようにされまして。
その間神主様が何かを歌うように、お経じゃないよね多分。
途中聞き取れたのは「はらいたまえきよめたまえ」
後は何言ってるのか分からなかった。
30分ほどで手をぱーんぱーんとしておしまいでした。

 

906:
以下神主様との会話です。
神主「見た所本体はおりません。代わりに最初拝見した時には2.30体お連れになっていました。前回、その時も本体とは会えずにいました。
恐らくその土地の物なのでしょう。それを見た方達に、本体の周りに居た余計な者たちが一斉に乗り移った形です。
前回の方は残念な事でした。札を必ず肌身につけておくように言ってあったのですが、魔がさしたのでしょうな。」
私「あの・・私はどうしたらいいのですか?特に何かおかしいとか、いや、最初にちょっと怖い物を見ましたけど、それ以降何かあるとかはないのですが」
神主「そうでしょうなぁ。今回簡単に祓いましたが、さほど特別な事はしていません。お尋ねしますが、今まで生死に関わるような事故やご病気は?」
私「あー、はい、今まで3回死にかけたことがありました。」
神主「なるほど。今回、このような事を引き起こした当の本体ですがね、正直私共も関わりたくないくらいです。
そうそうこのような物と波長が合ってしまうような事はないのですが、何であなたの会社の人達ばかり被害に合うのか謎です。
普通の人間ならばそう、先のお二人のように発狂してしまうでしょうね。感謝して下さい。あなたが今まで無事なのは相当に強い守護霊があなたについている。
沢山の悪い物を寄せ付けても、何事もなかったのは何も出来なかったからでしょうね。今日はお札をお渡しします。
一晩肌身離さずお持ちいただくよう。寝る時もです。そうそうおかしな事は起こらないでしょうが、明日の朝もう一度ここへ来て下さい。
御札も持ってきて下さいね」

 

907:
私「ありがとうございました。あの、もし私が前の人のように何らかの形でお札を手元から離してしまった時はどうなりますか?」
神主「まぁ特に何か悪いことが起きるということもないでしょう。多少何らかの不快な何かがあるかもしれませんが。なるべく肌身離さず持っていて下さい。
後二度とそのお店へは行かないように。その付近に近づくのも止めておいたほうが良いでしょう。それはあなたを決して忘れません。あなたの守護霊が相当強い力を持っていてもまともに対峙すれば負けてしまうかもしれない」

そう言って神主さんは社長の方をちらっと見ると、社長はうんうんと頷いていました。
そうして明日の朝社長が迎えに来てくれるとの事で家まで送って頂き書き込んだ次第です。
ちょっとおかしな所があるかもしれませんが、記憶が曖昧な部分もありますのでご容赦下さい。

 

908:
自室にてまとめている際、急に足元からドライアイスの部屋にいるような冷気が近づいてきて、全身鳥肌が立ったんです。
そしてまたあの酷い頭痛。
コメカミからドクドクと脈打つような頭痛がしましたので、子供たちのいるリビングに避難しました。
夫に事情を説明して今夜何かおかしな事があったらどうにかしてねとお願いしました。
明日の朝はお墓に寄ってもらってから神社へ行こうと思っています。

ずっと忘れない、そんなものなのでしょうか。
今回怖い思いもしましたが、私に守護霊様がついているとはつゆ知らず、ありがたい発見でした。
そう言われてみれば、今まで大なり小なり、災難はありましたが、九死に一生を得たのは守護霊様のおかげかもしれません。
いやきっとそうに違いない。
福知山線での奇跡ですか。
今はもう守護霊様のお陰なのかと思うような出来事でした。
今の主人とは一緒に福知山線の事故から生き延びて一緒になれたのですし。
事故の話をするのは別に嫌ではないのでまた後日お話しようと思います。
明日の朝神社に行ってその後をお知らせしておしまいにします。

あの覗き込んできた顔とあの目を上手く文字で伝えられたらいいんですが・・・。顔を横向きにして死んだ魚のような濁った目。

では今日は休んで明日に備えようと思います。
長々と読んでくださりありがとうございました。

 

953:
>>908
女の子の顔の描写が怖いな
是非、絵に描いて欲しいものだが、怖そう

 

911:
>>905
祓い串の名称を知らない人がいるのか…

 

913:
>>866
件の女の子が手に持ってたというリラックマのぬいぐるみは結局どうなったのだろうか?
ぬいぐるみもその女の子と消えてしまったなら、ぬいぐるみも霊的なのものの一部ということになるし、そのぬいぐるみが明らかにその店の商品であるなら、在庫から1つなくなっているはずで、それは一体どこに行ってしまったのだろう?
もし本当にリラックマのぬいぐるみの実物もろとも消えたのだとすれば、「幽霊(または得たいの知れない魑魅魍魎)に商品を万引きされた」という衝撃的な事実ということになる。

呪いだの憑依だのより、そっちが気になる。

 

914:
神社よりスーパーの所在地が気になる

 

916:
>>911
神事だとか霊だとかに本当に疎くて、ばさーばさーってやつっていうくらいしか知りませんでした(´・ω・`)
祓い串っていうんですね。ありがとうございます。

>>913
そうですよねぇ。確かに気になります。
私達の仕事ではクライアント側と密に連絡を取り合う事がないんです。
と言いますのも、店員の中にも窃盗する人間がいるから、例え店員であろうと顔バレするべきではないとの事です。
ですので、今回そのぬいぐるみに関して在庫の確認をお願いすることもありませんし、私には分かりません。
もし無くなったとしたら棚卸しの時にあれっ在庫あわねーな、Gメン仕事してんのかよ程度かと思われます。
カメラを見た時、いくつかぬいぐるみが並んでいたのですが、床に落ちているとかはなかったですね。

>>914
それはちょっとご遠慮下さい(´・ω・`)
今は関東ですとしか言えません。

 

915:
福知山線がどうのって言ってるから少なくとも関西方面じゃないの?
兵庫、大阪、ちょい離れて岡山、そのあたり。

 

919:
>>915
20代前半までは神戸在住でしたが、夫の転勤で関東に来ております。

 

924:
一応実家が神社やってるので誤解をとくために書くけど・・・

それ、本物の神主ではなく、新興宗教系だ。
本物の神主さんは霊視なんてせんぞ。

神職はあくまで「神に仕えるもの」であって霊能者じゃない。
神社神道で霊能力がある、霊が見えるなんていう神主は存在しない。
見える人がいたとしても、そんな発言を助けを請う人にしない。
もし、自称霊能者の神主でぺらぺら守護霊がいますとかいう神職者がいたら
それは、陰陽道や修験道絡みの民間神道の神職(=新興宗教等の自称神職)に限られる。

あと、ついでだからみんなに知って欲しいんだが。
その「はらいたまえきよめたまえ」も本来は、「そういう場合の」お祓いの時に使う言葉ではない
「祓う」「清める」という言葉があるので、お祓いの時に使う言葉のように勘違いしてる人も多いけど
本来それはお祝いの時用の「幸せを願う言葉」だと思っておけば良い。
だから、神様にお参りするときに心の中で
「祓い給え 清め給え 神ながら守り給い、幸え給え」と願うと良いとされている。
よくテレビなんかで見かけるから、本来神職じゃない人が勘違いしてお祓いの時につかっている、という話は聞くけど
実際そういうのを受けた人がいるのはちょっと驚きだ。

別に新興宗教の神社をバカにするつもりはないけど
正直、ちゃんと勉強して修行して資格とってる神社神道系の神職からしてみたら
二言目には「霊がいます」といい「お祓いします」と大金を巻き上げる胡散臭いどこぞの宗教と
同列に扱って欲しくないってのはあるから、一応書いておくわ。

 

926:
>>924
なるほど、ズバリ社長が怪しい

 

942:
守護霊…あかんかったんか……

 

944:
仏の力も三度まで…

 

985:
このスレもそろそろ終わりだけど
>>859はその後どうなったのだろう
福知山線の話もまだなんだよな
まさか本当に悪霊に敗れたなんてことには…



以降、859からの書き込みはありませんでした。
無事を祈ります…。

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事