【NASA】1年間宇宙に滞在して帰還→一卵性の双子と遺伝子が一致しなくなった

雑談 0件
1:
2018/3/15
◆宇宙滞在で遺伝子が変化、一卵性双生児と一致せず NASA

宇宙に1年間滞在した宇宙飛行士は、身体の外見だけでなく、遺伝子にも変化が起きているという研究結果が、米航空宇宙局(NASA)の双子研究の一環として発表された。この調査では、国際宇宙ステーション(ISS)に1年間滞在したスコット・ケリー宇宙飛行士の遺伝子のうち、7%は地球に帰還してから2年たった後も、正常な状態に戻っていないことが分かった。

研究チームは、ISS滞在中と帰還後のケリー氏の身体の変化を、地上にいた一卵性双生児のマーク氏と比較。 その結果、以前は一致していた2人の遺伝子が、宇宙滞在後は一致しなくなっていたという。
スコット氏の遺伝子の7%の変化は、少なくとも5つの生物学的経路や機能に関連する遺伝子が変化したことをうかがわせる。

今回の研究結果は、NASAが進める人体研究プロジェクトのワークショップで1月に発表された。
研究チームは宇宙滞在によって起きる身体的変化を調べるため、スコット氏の代謝産物(生命の維持に必要)、サイトカイン(免疫細胞によって分泌)、たんぱく質(各細胞内の活力)について、宇宙滞在前と滞在中、帰還後に測定を行った。

その結果、宇宙滞在は酸欠によるストレス、炎症の増加、劇的な栄養の変化をもたらし、遺伝子発現に影響を及ぼしていることが分かった。
スコット氏の遺伝子発現は、地球に帰還すると93%が正常に戻ったが、残る数百の「宇宙遺伝子」は変異したままだった。
その一部は宇宙滞在のストレスによって変異したと思われる。
スコット氏の細胞では、酸欠と高濃度の二酸化炭素が原因と思われる低酸素症が起きていた。
また、「細胞の発電所」と呼ばれるミトコンドリアにも損傷の形跡があった。

老化の程度を表す染色体末端部位のテロメアにも変化が見られた。
宇宙滞在中はテロメアの長さの平均値が大幅に伸びたが、地球に戻ると約48時間以内に、出発前に近い値に戻って落ち着いた。
そうしたテロメアの変化やDNAの損傷と修復は、放射線とカロリー制限によって引き起こされたと研究チームは推定する。

ほかにもスコット氏のコラーゲンや血液凝固、骨形成にも、体液移動や無重力の影響と思われる変化が起きていた。
免疫が異常に活性化する現象も確認され、極端な環境の変化によるものと研究チームは推定している。

NASAが計画している火星の有人探査は3年間のミッションになる。
ケリー氏が経験した1年間の宇宙滞在は、この計画に向けた科学的な足掛かりとなる。

■写真
宇宙での長期滞在によって遺伝子にも変化が起きていることがわかった

ケリー宇宙飛行士の遺伝子の7%は帰還後も正常な状態に戻っていないという

CNN 2018.03.15 11:04
https://www.cnn.co.jp/fringe/35116194.html
https://www.cnn.co.jp/fringe/35116194-2.html

 

3:
ニュータイプか?

 

5:
>>1
ニュータイプの始まり?

 

9:
宇宙関係なくね?

 

21:
>>9
宇宙は放射線が飛び交ってる

 

144:
>>21
やっぱり身体に悪いものなんだね

 

10:
なんか、こえーね

 

14:
テロメアが伸びたって事は低酸素とカロリー制限が無かったら寿命長くなるんじゃ?

 

15:
宇宙線浴びて遺伝子が変化したのかな

 

51:
>>15
それに加えて環境の変化に対応するために遺伝子の発現
つまり生産するタンパク質の種類と量が変化している

 

16:
最終的にジャミラになるで

 

411:
>>16
(´;ω;`)・・・

 

435:
>>16
あれ実話なんだね。
ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙

 

440:
>>435
昭和の三大生中継だった

 

18:
ミュータントはこうして生まれてくるんだろうな

 

20:
宇宙人と入れ替わってるだろ

 

109:
>>20
それしか考えられないよな

 

437:
>>20
映画であったな

 

27:
進化するスイッチ入ったね

 

38:
次は一卵性双生児を二人揃って宇宙に1年以上滞在させる実験だな

 

43:
マイナスのことしか書いてないけど、何か良くなった点はないのか?
体臭が消えたとか、好き嫌いが無くなったとか

 

64:
>>43
ハゲは治らなかった。

 

461:
>>64
促進されるだろ

 

217:
>>43
宇宙に行ってる間に、嫁がキレイに化粧するようになってウキウキしだした

 

221:
>>217
お父さん、それ・・・・・・ ><

 

44:
>>1

というより、

宇宙飛行士の子供は、或る程度、宇宙での生活に適応した進化をしたことになるよな。
まあ、どんな子供が生まれ成長するのか楽しみだな。

 

46:
ん?テロメアは宇宙滞在時に伸びて、地球機時は縮むって、なら宇宙滞在悪くなくね?

 

65:
>>46
伸びて、というより、圧迫するものが無いから、「ダラーン」と、フヤケタだけだな。

 

782:
>>65
層が増えるわけじゃないのか

 

57:
これは金星人に入れ替わってますね
こうやって住民票取るんですよ

 

60:
それって宇宙線の被ばく量が凄まじ過ぎて遺伝子がまともに修復して無えって事じゃん w
宇宙ステーション内の放射線量ってフクイチの原発の近辺と変わらんって話だよな

 

307:
>>60
福一作業員で一卵性双生児いたら、何らか変異が有るかもな

 

63:
宇宙生活に適用したDNAになった、ってのが模範解答だろ

 

66:
はーん、生物の進化は宇宙から降り注ぐ放射線が遺伝子を変化させて発生するってのはマジらしい

 

67:
これがニュータイプってやつ。
さすが俺達のガンダムやな。

 

70:
Xメン入りか

 

77:
そもそも遺伝子って変化しないの?
結構変化してんじゃないの?

ずっと無職だと無職型、就職して正社員だと正社員型みたいに、精神と環境が遺伝子に影響してそう。
そうじゃないと、空飛びたいから羽が生えてくる恐竜とか、
花そっくりの擬態する虫とか、たんなる偶然だけでは無理でしょ。

 

84:
>>77
空飛びたいから羽が生えたわけじゃないし、
擬態したいから変な模様になったわけじゃないぞ。

 

228:
>>84
エピジェネティクス、環境に適した遺伝子のONOFFを行うという段階があるらしい。
クローン猫が全く違う模様で生まれたのはこのせい。

これは後天的に自分がもともと持っている都合の良い遺伝子を選んで自分の特性を変化させることができるとういう感じ
パソコンとかスマホアプリの設定みたいなもん?
これだけだと一時的な適応だけど、その設定変更は遺伝する。つまり環境適応は遺伝に影響する。

アプリ自体に新しい機能がついたり性能上がったりあるいはエラーバグだらけになったりするのは遺伝子の突然変異、
これは太陽光やウィルス感染なんかで遺伝子が破壊・修正されて起こる現象。

この二つの繰り返しで進化していく。

 

776:
>>84
いや、違うよ。その環境淘汰説は古い。
環境順応を狙って遺伝子が自ら体を作りかえることもある。
たとえば人類の同時発生。

 

81:
宇宙線で遺伝子破壊されたんやろうな
長距離有人飛行の最大の障害なのにイーロンマスクどうすんの

 

87:
遺伝子が変わったのか
遺伝子の発現が変わったのか、
どっちだ?

 

104:
>>87
遺伝子発現の7%に変化があったみたいだけど
一部は宇宙放射線によるDNA損傷もあるかもしれない
まあ無重力や精神的ストレスの影響のほうが大きいと思う

 

155:
>>104
このスレでまともな理解があるのは、あんたくらいだな

 

107:
人類が宇宙で生活するようになったら、進化がはかどりそうだな

 

108:
妊婦が宇宙ステーションで暮らしたらどうなるか興味はあるけど人道的に100%できない実験だね

 

171:
>>108
宇宙飛行士同士が宇宙で子作りするのを禁ずるのも人道的にどうかって話になるかもしれない

 

186:
>>108
妊娠してるマウスや、宇宙で子作りさせるオスメスのマウスを持ち込めばOK

 

113:
>>1
エピジェネティックのことじゃないの?
それならば遺伝子の発現の変化であって、塩基配列を伴わないはず

記事の書き方だと、途中まで遺伝子配列の変化じゃないか

 

770:
>>113
が正解だと思う
塩基配列がそんなに変わったら即死んでるわ

 

129:
進化したのか、劣化したのかって言ったら、後者なんだろうな・・・。
ミュータント生まれちゃったり?

しかし、変異した遺伝子を「宇宙遺伝子」なんて呼んでるとなると、
ちょっと怖い事を企んでそう・・・。

 

147:
7%も遺伝子が変異しても生きてられるってのが凄いと思うんだけど?
地上でも遺伝子は変異する
そして癌になる
酸化ストレスはその要因の1つに過ぎない

 

777:
>>147
遺伝子じゃなくてDNAの変化な気がする。それだとまあありそう。

 

148:
取り敢えず独身者を宇宙に滞在させてから
子供を作らせて、その子がどんな変化を
しているかも研究する必要があるね。

 

177:
>>148
もっと宇宙dwの居住環境を整えないと
ストレスで女の生理が止まる可能性の方が高いと思う

 

169:
ファンタスティック・フォーかよw
さらに1年滞在すれば超能力を獲得するに違いない

 

179:
Astronaut’s gene expression no longer same as his identical twin, NASA finds
https://edition.cnn.com/2018/03/14/health/scott-kelly-dna-nasa-twins-study/index.html

元記事これじゃん↑

なんで↓になるんだよ
宇宙滞在で遺伝子が変化、一卵性双生児と一致せず NASA
https://www.cnn.co.jp/fringe/35116194.html

元記事のgene expressionを遺伝子と誤訳したのでフェイクニュースに成ってるじゃん

 

194:
>>179
なーんだ、納得

 

196:
>>179
確かにgene expression=「細胞内での遺伝子の機能法」が変わっただけで、
遺伝子が変化したわけじゃないって書いてあるから、
完全な捏造記事だな。

 

208:
>>179
ナイス!
そうだよな、おかしいと思ったよ
記事じゃなくて訳がおかしかったのか

 

449:
>>179
遺伝子スイッチの話かーい

 

554:
>>179
つまり、どういうこと?

 

662:
>>554
遺伝子配列自体は同じでアセチル基やメチル基なりがDNAの配列の横につくことによってその配列が実際に発現するかどうか決まる
一卵性双生児で過ごした環境が同じ場合大体一緒なんだが片方宇宙空間で過ごしたりすると筋肉や骨維持に関連する部位がメチル化して発現しにくくなるとかまあそんな感じじゃねえの

 

803:
>>662
やだ…いい男

 

187:
元記事の著者の本意は、推測すると、
人間は宇宙に行けば宇宙に適応した遺伝子が発現して宇宙に適応するってことだろうな

無知が翻訳するとここまでめちゃくちゃになるんだな

 

193:
こんなことしちゃってもう双子には戻れないの?

 

202:
>>193
戻れないよ

 

205:
宇宙に適した人間を作るための研究
いつまでも地球に居られる訳がないからな

 

195:
宇宙が人類を進化させるって本当なんだね
あー俺もエヴォリューションしてー

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事