大災害規模の隕石を破壊する方法ってあるの?

宇宙 0件
1:
核打ち込むとか?

 

3:
核ミサイルを正面から打ち込んでも焼け石に水。

石油採掘をやっている男をスペースシャトルに乗せて小惑星へ向かわせる。
着陸したら穴を掘って核爆弾を埋め込むが、
謎の武装集団が小惑星を襲撃。護衛は殺害され、娘を連れ去られる。

娘の命と引き換えに南米某国の大統領の暗殺を強要され、
飛行機に乗せられたが、脱出に成功。

娘の命を救うため、敵の本拠地に乗り込んでいく。

 

81:
>>3
文豪乙

 

4:
地球とぶつければ良いだけじゃん

 

5:
大災害規模って事は10cmかそこらか
地球滅亡規模とか地球破壊規模より遙かに小さいわけだからな
大気圏突入前でもせいぜい10m超えないだろうからスペースデブリでもぶつけとけばok

 

6:
スレタイは隕石というより小惑星との衝突のことを言いたいんだと解釈しておこう
が、そもそも小惑星と地球が衝突するのは当たり前のことであって、それを
「大災害」などと言うのは人間の思い上がりに過ぎない...
人類は所詮1億年のタイムスケールで生存できる種ではない、てだけの話だ

 

7:
妖星ゴラスの逆をやるのだよ。
小惑星の片方の横腹にロケットを無数に打ち込んで噴射するのだ。
軌道を変えるんだよ。
これしかないな、うん。

 

8:
>>7
それにはまず無数のロケットと推進剤を小惑星に届けなければならないわけだが・・・
まあ動かすものの桁が違いすぎる妖星ゴラスよりははるかに楽だろうけど。

 

9:
地球のまわりに多数の衛星をつくってまわしとく

 

11:
木星の軌道を変えて吸い取ってもらう

 

14:
核兵器って大気の無い宇宙空間でも
地上と同等の爆発力維持できるの?

兵器の構造がよくわからないけど
弾頭オンリーの小規模爆発の後に
爆発周辺の大気をどんどん燃焼させて
被害を拡大させていくようなシステムと認識してる。

 

17:
>>14
核兵器が爆発時に放出するエネルギーは熱線・放射線・衝撃波に分けられてて、通常の空中爆発では衝撃波がその破壊力の源になる。離れた距離じゃ熱線のほうが脅威だけども。

真空で爆発させた場合、空気が無いので衝撃波になるのは爆弾本体が気化したわずかな量で、エネルギーの大半は熱線と放射線になる。
が、小惑星破壊が目的ならバカ正直に対象の近傍で爆発させるわけもなく、貫通爆弾仕様にして地表から数m~数十m地下で爆発させるだろうから、
相当量の質量を気化してある程度揃った方向に噴出させることができる。
地球上での地下核実験のデータからすると半径数十~数百mの大穴あけられるようだが、宇宙空間でどうなるかはどうだろうな。

核爆発で空気が燃えるネタは当時の科学者はマジで心配してたらしいね。

 

21:
そもそも
破壊(撃破)するのはバカのやること、破片が地球に落ちてきて大被害
軌道を変えて地球に命中しないようにすればいいだけ

同様に
人工衛星も、低脳単細胞バカは「撃破」しようとする、そんなことしたらデブリが撒き散らかって大迷惑なのに
丸まま大気圏突入させて焼却処分が正しい方法

バカ(主にDQN)はなんで毎回、なんでも「ぶち壊す」ってのが好きかね?

 

22:
電圧かける電流が電力 電力かける時間が電力量
雷は一瞬だから、電力はあっても電力量は微々たるものだというのは電気学では常識

その例から
核爆発ってのは一瞬だからエネルギーとしては大したことは無い
それよりイオンエンジンみたいなもので、何日間も連続で加速して軌道変更したほうが有効的だと思われる

 

25:
少なくとも火星の公転軌道抜けないと、軌道の確定は無理だし
高エネルギー(つーか核爆発か)で軌道逸らすってのに一票かな

 

31:
軽~くでいいから地球のどっかにぶつかって、
億人単位で死なないかな。
そうすれば人類も真面目になるだろう。
天文的厄災に備えてなんとかせにゃいかんのだ、と。

 

32:
>>31
地球に向かっている

世界各国で迎撃

だれも死にませんでした

のほうが望ましいんじゃないか?
その「億人」のなかに俺たちが入ってる可能性を忘れてはいかんと思う

 

41:
地球とか月サイズの衛星だったら核とか蚊に刺されても同然

 

47:
隕石は重さの関係で震度が高くなる(マグニチュード)
隕石は大きさで有名になってくる
4kgならまだいい
4kg超えならもう無理

 

49:
スウィフト・タットル(・キウチ)彗星に付いて語ろうぜ!

2126年の8月14日に地球に最接近する彗星ですが
地球に衝突する可能性が高い彗星だとか。

イギリスの週間科学誌にも「このスイフト・タットル彗星が将来ほぼ確実に、
地球か月に衝突する」という記事を掲載されました。

彗星が将来地球に衝突する可能性があるということで、
1994年の12月に京都の国際会議場でこの彗星から地球をどうやって守るか
という話し合いをしたという話もあるようです。

でもエレニン彗星やニビル星やらベテルギウスII型超新星爆発やらは話題にされる事が多いけど
この彗星はあまり話題に上らないですよね。

 

52:
NASAのホームページだと
西暦2126年8月5日に、地球と月の間の距離の59.7倍の距離まで
地球に接近すると計算されているそう。

但し、(こっからはNASAとの関係はわからず)15日周期がずれただけで
衝突の危険性がある、と巷ではささやかれているようだね

 

63:
ツングースのあれはどのくらいの隕石が落ちたのかなあ
あれ多分隕石だよな

 

64:
>>63
隕石の破片が見つかっていないみたいだから、スカスカの天体だったのかもしれない。
ラブルパイル天体(イトカワみたいなやつ)や彗星だとか。

 

65:
彗星ってスカスカなんかいww

 

66:
>>85
ハレー彗星の核で比重0.2ぐらい

 

67:
彗星核は、よく「汚れた雪玉」にたとえられる。
スカスカというかグシャグシャというか、そんな感じ?
ツングースカ爆発は、彗星爆発説が今のところ有力みたい。

 

84:
破壊するより軌道を変更するほうが激しく簡易、
いきなり変更するのは難しいから「累積」で変える方法が注目されている。
質量をちょっと奪うか重くするだけで変る。

もっとも重要なのは軌道の正確な監視と予測であって、離れた距離からの
多点観測ができていない時点で精度がでないのは明白だろう。
普通に観測衛星を地球からはるかに遠い位置に2,3個設置するだけでいい。

そこまで精度がないし予測がかなりデタラメってことな。

 

90:
>>84
それはまさにそう。
まあ、場合によっては不意打ちってこともあるかもしれないけどな。
直径1kmで見つからずに、気が付いたら衝突数日前でしたとか。

あと、小惑星は長いこと観測すれば地球近傍を全部洗いだせると思うけど、
彗星はいきなり飛んでくるし、飛んでくるときの相対速度が速いから
軌道修正の猶予が少ない。
こういうのは電気推進じゃなくて核頼みの軌道修正になると思う。

 

85:
人工衛星まわして磁気奪って太陽に引き込むのが一番速いんじゃね

 

91:
↓大きい隕石が地球に落ちた場合の動画

 

132:
早期発見が大事とか癌みたいな

 

145:
数年前に発見できる保障はどこにあるんですかねぇ

 

97:
簡単だよ
地球を移動させればいいんだよ

 

98:
そっか、地球にロケットエンジンをつけて移動させればいいのか

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事