恐怖のニシンのパイwwwwwwwwww

恐怖 0件
347:
日曜日の昼下がり、ぼんやりとテレビを眺めていると、チャイムが鳴った
玄関へ行きドアを開けるとそこには、黒一色のワンピースを着て頭に赤いカチューシャをはめた四十代後半ぐらいの女が立っていた

「お届けものです…」
女は籠に入った何かを唐突に俺に突きつけてきた
「えっ、なんすかこれ?」
という俺の至極当然の問い掛けを女は完全に無視して
「これにサインか印鑑を」と言った
「いやサインって、これ新聞紙じゃないですか、しかも雑に破いた…」
と俺が困惑を露わにすると
女は「ちっ」と舌打ちし、「早くしろよ…」と小声で呟いた

うわ…なんかあぶない女だな、下手に逆らわない方が身のためだなと思い
思い付きの偽名を適当に書き彼女に手渡した

女は「まいどあり」と目も合わさずに新聞紙を俺から引ったくると
竹ボウキを引きずりながら玄関から立ち去った
一体何なんだよあの女…と暫く呆気にとられていたが籠の中身が気になったので
恐る恐る被せてあった布を取るとそこには、ビチョビチョに濡れた食いかけのパイが入っていた
『あたしもこれ嫌いなのよね』という走り書きのメモが添えてあった

表からクラクションの音や邪魔なんだよ!といった怒声が聞こえる
気になって玄関から通りを覗き見ると
ホウキに跨って動かない女のせいで酷い渋滞が発生している
暫くすると遠くからサイレンの音も聞こえてきた。
どうやら誰かが通報したらしい。

俺はグチャグチャのパイを女に投げつけて泣いた。
飛べない俺達のために一晩中泣いたんだ

 

348:
魔女だったのか

 

349:
「本物のニシンのパイ」でググるとスレタイ
つーか鳥肌

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事