解体屋ワイ「現場仕事中に起きた恐怖体験語ってくで」

恐怖 0件
1:
暇やったらみてってや

 

2:
なんの現場だよ

 

3:
>>2
家屋解体や

 

4:
心霊的な体験とそうじゃない体験があるから何個か書いてくで

 

5:
書き溜めてないからゆっくりになるわ

 

8:
ワイは見てるで

 

9:
じゃあまず1つ目や
ワイが現場仕事に初めて就いた時のことや

ワイの初仕事はアパートの解体現場やったんやけど、そこのアパートがクッソ古くて家の中とかボロボロやったんや
天井も床も全部剥がして家取り壊すんやけど、ワイが剥がした天井から髪の毛を白い糸みたいなんで束ねたもんが3束くらい落ちてきたんや

 

13:
>>9
ヒエッ…

 

97:
>>9
これほんとなの?w

 

101:
>>97
糸っていうか薄い細い紙やった気もする
あと3束くらいってところは詳しく覚えてないけどそんくらいやったなーって感じやからイメージで受け取ってや
残りはほんまやで

 

102:
>>101
こっわっw

 

14:
初仕事でそれとか不運すぎませんかね…

 

16:
気持ち悪いなぁとは思いつつ、仕事をほっぽりだすわけにもいかんからその部屋のバラしをバタバタ終わらせたんや
初めて家をバラすやつができるスピードじゃないって先輩に言われたくらい急いでバラしたんやけど、まぁバラし終わったらやることなくなるんや
その日の部屋割りがワイは一部屋しかなかったから適当にアパート裏のゴミ置場で木っ端拾いとかしとったんや

 

23:
そこのゴミ捨て場がかなり変わってて、ゴミ捨て場が各部屋ごとに分けられてたんや
そんでワイがバラしてた402号室のゴミ捨て場の前通ったんやけど、猫の白骨死体やら日本人形やらあってそこだけ異質な雰囲気やったんや

 

27:
元々心霊的なあれが苦手なワイはさっきの髪束のこともあってすぐにそこを離れたんや

アパートの裏から走って表側にある休憩所に行ったんやけど、休憩所に着いた瞬間後ろで地響きみたいな音が聞こえたんや
隣に現場監督とかワイの先輩がおったんやけど
その人らがめちゃくちゃ焦ってて、どうしたんすか?て聞いたら足場が倒れた音やったみたいなんや

 

28:
やばそう

 

30:
あーたしかに鉄がぶつかる音も聞こえとったなとか考えながら
その人らと一緒に足場のとこ見に行ったんやけど、アパートの裏で組んだら足場が倒れとったんや

しかも402号の縦並び1列の足場だけがきれいにゴミ捨て場に向かって倒れとった
下手したらワイは現場初日で死んどったわ

 

31:
とりあえずこんな感じで適当に言っていってもええかな?

 

33:
分からんけどええで

 

34:
解体屋か、俺もたまにやるよ

 

35:
>>34
ワイまだ4年目やが毎日きついわ

 

36:
じゃあ次いくで

 

37:
人生は常に死と隣り合わせと言ってもやっぱ怖いっすねぇ

 

40:
ワイが現場仕事始めて1年ちょい経った頃の話や

実際解体してたら、天井裏からお札とか髪の毛落ちてくることってまぁまぁ経験するんや
初めて髪束見て死にかけた時から1年ちょいで5回か6回くらいはそういうの見てて
そん時は若干そういうものに耐性がついてたんや
宮崎県のどこやったか覚えてないけど、病院が移転するってなって取り壊しに行ったんや

 

42:
けっこう大きい病院で、病院の解体とか初めてやったからワイも若干テンションが上がっとった
鉄ものとかそういうのから外に出して、床の長尺シート剥がしてからバラしが始まるんやけど、
ワイは病室のバラしをやっとったんや

でもその病院が古いからなのか変な構造しとって、天井のボード剥がしたら10センチくらい隙間があって
すぐコンクリが埋まってたんや

 

45:
病院というだけで恐怖体験不可避やん

 

48:
普通はもっと隙間開けて枠とかあるはずなんやけど、
元々コンクリの天井があるのにわざわざボードで天井を低くしとる感じやったんや
クソ二度手間やんけ!!とか思いながらとりあえずバラしてたんやけど、3部屋目のバラしに入った時に天井剥がしたらポテチの袋が落ちてきたんや
 
たまになんでか知らんけど天井裏にゴミとか落ちとることあって、
普通にちょっとイラっとしたんやけど、そういえば天井とコンクリの隙間10センチくらいしかないのにゴミ入ったりするか?って思って
とりあえず1枚ボード落としてみたんや

 

49:
>>48
「元々コンクリの天井があるのにわざわざボードで天井を低くしとる感じやったんや」

こんなん絶対なんか隠してるやんけ…

 

51:
そしたらその部屋だけボードの上にコンクリの天井はなくて、1mくらいの空間があったんや

その空間の先に通気口かなんかがあって光が差し込んでて
ぼやっと奥の方に鉄の板みたいなんが2枚並んどるのがみえたんや
そんなん気にならんわけないし、とりあえずボード固定してる鉄筋みたいなやつに乗って奥に行ってみたんや

 

55:
ほんまはいかんのやけど、解体現場ってたまにヘソクリが見つからんやけど、額がそんなに大きくなかったら見つけたやつがネコババしたりするんよな
もしかしたら奥に病院のお金があるんかもしらんと思ってうきうきで奥まで進んだんや

一番奥の鉄の板やと思ってたんはアクリル板やったみたいで、ワイが最初にのぞいた位置から死角になってたちょっと奥まったとこに布団が敷いてたんや

 

59:
なんで布団やねん!意味わからんやろ!
って思ったんやけど、布団の奥がちょっと明るかったから見てみたんや
そしたら、布団のすぐ上に双眼鏡のレンズ?覗き口?みたいなんが固定してあって
めっちゃ気になったから覗いてみたんや

それで見えたのはワイの真下に置いてあったベッドや
何に使ってたかはわからんけどめちゃくちゃ怖くてすぐ下に降りたわ

 

56:
怖E

 

57:
ヒェ

 

58:
関係ないけど給与とか休みってどんな感じ?
ホワイトカラーやけど向いてない気がするねん

 

63:
>>58
給料は始めたばっかの頃は月13万とかやったで
今は月20くらいやな
休みはだいたいどこの会社も日曜日のみやと思うで
盆正月は現場自体が休みやから仕事もないで

 

65:
>>63
はえー結構低いなぁ
ちなみに現場で働いてる女っている?

 

68:
>>65
現場で働くなら電気工事か重機のオペがええよ
たぶん全体の1%にもみたんとおもうわ
ワイの女友達は塗装屋でやってたみたいやけどトイレ中にいきなりふざけてドア開けられたりけっこうきついみたいやで

 

60:
あと性別構成比もおねがい

 

64:
>>60
ワイが働いてて解体の会社で見たことある女の子は2人しかおらん

 

66:
>>64
一応いるのかありがと
柔道部入ってたし体力は人並みにあるんだけど
性別で弾かれちゃうんじゃないかって気がしたんだよね

 

69:
とりあえず恐怖体験あと2つくらいあるんやけど、まだ書いてもええかな?

 

71:
>>69
おねがいします付き合ってくれてありがとう

 

70:
どうぞどうぞ

 

75:
次は去年の夏前くらいの話や

去年の春に熊本で地震があったんはまだ記憶に新しいと思うんやけど、ワイの会社も地震でヒビが入った家の解体をすることになったんや

かなり立派な2階建の一軒家で外観は若干ヤクザの家っぽかった
でも中に入ったら外観とは裏腹にかなりぼろぼろになってて天井はところどころ穴が空いたりしとった
地震のせいかと思ったけど、外はちょっとヒビが入ってるだけやし庭は整備されとるしけっこう違和感はあったんや

 

78:
その現場はワイとワイの後輩のりゅうってやつ2人だけでやってたんやけど、
そのりゅうって後輩がめちゃくちゃお調子者やって
どうせ壊すからってバラした家具で模型作ってみたり使えそうな家電持って帰ったり、一緒に働いてて飽きさせんめちゃ面白いいい奴やったんや

りゅうは家に入った瞬間大声でギャップ!!て叫んで
ワイが感じとった違和感とか気にならんくらい笑わせてくれたんや
まぁそういう家もあるやろと思ってとりあえず1日かけて鉄ものと家具家電類を外に出してたんや

 

80:
1階はまぁ普通の家と大差なかったんやけど、家の広さと家具の数が合ってなかったんや
なにもない畳だけの部屋が2部屋並んどったり、ベッドと冷蔵庫だけの部屋があったりちょっと変な雰囲気ではあったんやけど、りゅうと喋りながら作業してたからそこまで気にならんやった

でも2階に上がって作業し始めた時にりゅうが急に体調悪いって言い出したからしょうがなくワイ1人で作業してたんや

 

81:
2階は下とは正反対で人が通れるスペースあけて色んなもんが置いてあった
物置とか片付けんで出て行かれるとそれをまず外に出さなあかんからくそだるいんや

下に運んで出してもいいんやけど、もうめんどくさかったし1人じゃ階段降ろせんもんも何個かありそうやったから窓から下に落としてたんや
上には本当に色んなものがあって、家具家電はもちろんやが雛人形やら子供のおもちゃがたくさん置いてあったんや

 

82:
闇深い

 

84:
とりあえず社長から2日以内にバラしに入れって言われてたから
窓から1人で色んなもん放り出してたんや
タンス、冷蔵庫、机…
とにかく重たいもんから順々に放り出してたんやけど、時計を動かした時に裏になんかあるのに気付いたんや

 

85:
柱時計の裏にちょっと隙間があったみたいで、そこに茶色のフェルトみたいなんで作られたぼろぼろの人形が貼り付けてあったんや
眉間あたりに細い釘が刺さってて、さすがに気味悪かったけどそんときは見てないふりしてとりあえず作業に集中して人形のこと考えんようにしてたら
きつすぎてほんとに人形のこと忘れてたんや

結局外に出すのに2日かかって3日目からようやくバラしに入ったんやけど、ワイが1階、りゅうが2階に分かれて作業してたんや

 

86:
10時になって30分休憩があるんやけど、そんとに下に降りてきたりゅうがちょっと怒ってて、理由聞いてみたら作業中すごい視線感じて後ろみたら人形があったらしいんや

それでワイがいたずらでやったと思ったらしくて、洒落ならんっすよ!って言われたから元からあったことを伝えたんや

そしたら、とりあえずあの人形を外さんとドア枠剥がせんからワイに人形を取るように頼んできたから、ワイも正直怖かったけど後輩の手前ダサいとこ見せたくなくて取ってやることにしたんや

 

87:
解体中に出てきたお金の最高額が気になる

 

91:
>>87
ワイが知ってるんは先輩が200万見つけたってのが最高やな
さすがに現場監督に渡してみたいやけど

 

88:
バールで人形ごと釘を引き抜いたんやけど、人形と壁の間に紙が一緒になって打ち付けられてたんや

ライターくらいの大きさの紙にちっさい文字がびっしり書いてあってクソ気味悪かったし、ワイは目が悪くて読めんやったからりゅうに渡してなんて書いてあるか聞いたんや
そしたらりゅうがいきなり、気持ち悪っ!って言いながら紙を握り潰して窓の外に投げたんや
ばか!なにしてんねん!って言ったんやけど、りゅうは結構マジな顔で、ワイさん、あれまじやばいっすよ洒落ならんっす…
って言ったんや

なに書いてあったか聞いても一向に言わんやったけど
ワイもここまできたら意地でも聞きたかったから作業中断してずっと問い詰めたんや
そしたら昼休憩の時間になって、とりあえず飯食い行くかっつって弁当食ってた時りゅうがボソッと、みきちゃんって書いてました…
って言ったんや

 

89:
なんでか知らんけどそん時めっちゃ鳥肌立って、でも怖がったら幽霊寄ってくるって聞いたの思い出したから
だれやねんww人形に名前つけんなやアホかwwって強がって言ったんやけど、りゅうはちょっと微笑むだけで全然元気にならんから午後からはワイが2階することにしたんや

上に上がって人形が転がっとって、やっぱ怖いもんは怖かったから窓から冷蔵庫とか集めてるとこに放り出したんや
これでとりあえず視界に入らんから大丈夫やと思って作業してて、実際なんも起こらんやったから気味が悪いだけの人形やったんやと思ったんや

 

93:
とりあえず1日目はワイが上をやったけど、やっぱり下の方が広いし作業もワイの方が早いからりゅうに次の日から2階やってもらうことにしたんや
人形は捨てたし今日もなんも起こらんやったから大丈夫やって言ったらちょっと安心したんか軽口叩いたりして、これはこれでちょっと楽しい体験やったなとか思いよった

次の日現場について、とりあえず2階はもうすぐ終わるからりゅうに9時半くらいまで休憩させて1人で1階をバラしてたんやけど、9時半前に作業始めるためにワイの横通ってりゅうが上に登ってったんや

登ってから10秒も経たんうちにバッタバタりゅうが階段から転がるみたいに降りてきて、ワイさん!あれはだめっすよ!マジ死ぬかと思ったっすよ!ってめっちゃ言われたんや

 

94:
ひぇ…

 

95:
なんのことかもわからんで聞いてもりゅうは興奮しとるんかとりあえず上に連れて行かれたんや

上に上がってりゅうが指差した方を見たら、昨日放り投げた人形が二階の風呂場に置いてあったんや

りゅうはワイがやったと思っとったけど
ワイは捨てたまま触ってないし
ワイらがきた時家の鍵は閉まってたから勝手に誰かが持って上がることもできないはずやった
うわぁこれはマジであかんやつやなと思ってその人形を供養する方法とか調べたんやけど、塩とか聖水とかばっかりでてきて当てにならんから近くの神社に持って行ったんや

 

98:
ミ、ミキちゃんも風呂入りたかったんやろ……

 

99:
でも神社にはお坊さんとかもおらんやったし実際行くだけ無駄やったんやけど、気が動転して神社と寺の違いもわからんやったんや

神社について、無駄足って気づいたんやけどそのまま人形持って帰るのも怖かったし、一応清められた場所やと思ったから手を洗う水みたいなやつをかけて鳥居の前に置いといたんや
鳥居の前に置いたのは、鳥居をまたいでこっちにこれんようにと思ったんやけど今考えたらしょーもないな
とりあえずそれで現場に戻ったんやけど、あんなの効くかわからんしりゅうも怖がって喋らんしで相当心細かったんや

 

105:
そしたら現場に帰る途中で車になんか当たった音がして車止めて周り見たんやけど特になんもないし車も傷ついてなかったんや

そっから現場に帰るまで30分くらいかかったんやけど、その間に5回くらい車に何か当たる音が聞こえるんや
3回目くらいからワイもりゅうもおかいしって気付いて音楽爆音で流してたのにそれでもぶつかった音が聞こえるんや
 
本格的にヤバいかもしらんと思って社長に電話かけたら、最悪その土地お祓いしてから工事してもいいから帰ってきてもいいって言われたんや
それでちょっと安心して、さすがにその日は怖くて作業どころやないと思ったからバールとかの道具を回収して帰ろうと思ったんや

 

106:
とりあえず1階にあるワイの道具を素早く回収したんやけど、りゅうが怖がってなかなか2階に上がらんかったんや
まぁそれはしょうがないと思って2人で2階に上がったんやけど、もしかしたら人形が帰ってきとる可能性を考えて周りを見ずにバールと腰道具だけ回収して車に戻る作戦を立てたんや

ワイが先に走ってバール回収して、りゅうが腰道具取りに行った部屋にバタバタ行ったらりゅうが腰道具を持ったまま固まってたんや
おい!はよ降りるで!って言っても手に持った腰道具眺めながら動かんで、ワイもテンパって肩を思っきし殴ったんや

そしたらりゅうが、
ワイさん、あの、この安全帯ビショビショっす…

って言って見せてきた腰道具は水が滴るくらい濡れとって、さすがに恐怖値がメーター振り切れて荷物全部捨ててりゅう引きずって車乗せて事務所に帰ったんや

 

109:
>>106
二階でりゅうになにがあったかをもう少し語ってクレメンス…

 

112:
>>109
何があったかっていうかワイが聞いたのは、汗もかいてないし水漏れもしてないのに安全帯と腰道具から水が滴るくらいビショビショになってて、あの人形からも水滴ってたよなって思って固まってたらしいで

 

116:
>>112
ヒェェ

 

107:
たぶんこれが今まで体験した心霊的な事の中で一番怖かったわ
上手く文字で表現できんけど、その日の空気のピリつき方はやばかったで

 

108:
りゅうは大丈夫やったんか?

 

111:
>>108
今でも元気に一緒に働きよるで

 

119:
>>111
よかった
安心したわ

 

110:
りゅうは何を読んだんやろ……

 

115:
>>110
みきちゃんって文字が何十個もかいてあったらしいで

 

117:
>>115
ヒェ

 

118:
クリスマスイブで仕事もないのに怖い話してるワイってなんなんやろな
なんか質問あったら受け付けるで

 

131:
ちなみにもう1つの恐怖体験は昨日社長と行ったスナックのママに食われたって言うやつなんやけどオチとしては弱め?

 

133:
>>131
つまらん

 

135:
>>133
許してクレメンス

 

147:
お前らまだおるか?

 

148:
今さっき社長と飲み行ってて気になったから
熊本の現場のその後聞いたんやけど一応書いとくで

 

149:
ワイらが帰ってから土地と建物のお祓いして
うちの会社で幽霊絶対いない派の2人が代わりに入ったらしいんやけど、
その2人が初めて現場に入った時、りゅうの腰道具が置いてあったとこにその人形があったらしい

 

150:
んで、そいつらはその人形と持ってたバールで野球して
帰りにライターで燃やしたらそっから帰ってくることはなかったらしい

やっぱ怖いって思わんメンタルがあったら大体心霊的な現象て起こらんのやなって思ったわ

 

151:
今りゅうに電話して教えてやったら大爆笑しとったわ
お前らもなんか怖いこと起こったら野球して燃やしたらたぶん解決するで

 

152:
後日談thx
でも心霊現象はあると思うで。わい鳶職やけど、よく見るもん

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事