【人怖】深夜の道の駅…これほど醜悪なものは見たことない

人怖 1件
no image

台風が近づいて大粒の雨が降る中、
車を道の駅に入れ休憩をとることに。
深夜、ふと目覚めると、こちらを見ているものが───



10月22日未明、この日私は国道19号を塩尻から名古屋方面へと車を走らせていました。
ラジオからは大型台風が日本列島に近づいてきているということと、衆議院議員選挙の投票日だということをしきりにアナウンスしていました。
国道19号線沿いは風はほとんど感じられませんでしたが、時折大粒の雨が降ってきて車の屋根をトントンと叩きつけていました。
この国道は幹線道路であり、いつもは大型トラックが頻繁に行きかう道なのですが、この日は台風の影響からかあまり見かけることはなく乗用車も普段より少ない感じがしました。
このように荒れた天候の中を走っていたのですが、次第に疲れと眠気が襲ってきて道の駅で少し休憩しようと思い始めました。

ほどなくして道の駅があったので入りましたが、それほど大きな道の駅ではなく、乗用車が10台くらいしか停められるスペースしかないところで、停まっている車は数台で入口に一番近いところが空いていたのでそこに駐車しました。
ただ停めるとき少し気になったことは、隣の車は車1台分空けたところに停まっていたのですが、停め方が雑で前輪を曲げた状態で隣の白線をまたぐように停めていたため厳密には車1台分は離れていませんでした。
でも実際はそれほど気にすることもなく運転席をリクライニングして、ときおり大粒の雨が屋根を鳴らすのを聞きながら仮眠したのでした。
しばらく経った頃、時間にして1時間ほど仮眠していたのか、腕時計を見ると午前2時を少し過ぎた頃に目を覚ましたのですが、ふと窓のほうに視線を移すとあってはならないものを見てしまいました。

なんと薄暗い中、隣の車の窓から髪がぼさぼさな年増の女性がこちらをじっと見つめているではありませんか。
しかも顔全体がおしろいを塗ったように白っぽくなっており、口元が笑っているというかニタニタした感じの表情で見つめていました。
私はギョッとすると同時に恐怖を覚えましたが、視線を外すことはできず、というより視線をそらした瞬間何かされそうな気がして彼女の顔を見続けました。
心臓は次第にバクバクと高鳴り始め、実際立ったかは分かりませんが鳥肌が立つような思いでした。
逃げたい、と気は焦るのですが、体が硬直したように動かすことができず、ただその状況を見続けるより他にありませんでした。

そのような緊張状態の中、さらにおぞましいことが起こったのです。
外は止む事がない雨が降っていて、雨粒が窓を覆っていたのですが、その窓がだんだんと下へと下がっていきニタニタした顔をあろうことか窓の外に突き出したのです。
車1台分離れているとはいえ、間近に迫ってきた感覚がさらに恐怖を駆り立てました。
彼女はぼさぼさの髪に雨が落ちてきても動ずることなくこちらを見つめ、おもむろに首をカクカクと上下に動かし始めたのです。
白いニタニタ顔にカクカクと首を上下に動かし目はこちらを睨みつけぼさぼさ頭から雨粒が滴り落ちる、これほど醜悪なものを見たのは初めてです。

それまで体は硬直状態にあったと思いますが、身を守るという意識の方が勝ったのか、自然と体が動いてシートを元に戻しエンジンを始動させバックギアに入れ車を動かしました。
ただ視線はそらすことができず見続けていたら、彼女のほうも首をさらに傾けカクカクさせながらこちらを見続けていました。
気持ちは焦っていたと思いますが、視線をなんとかはずし道路のほうへ向け国道に車を出すことができました。

あとのことはあまり覚えていませんが、しばらく後ろを気にしながらコンビニまで走って行ったと思います。
幸いあとをつけて来ることがなかったのが本当に救いでした。

後日Googleマップで調べたら木曽ならかわという道の駅だということが分かりました。
年増の女性は幽霊などというつもりはなく、言葉は適当ではないかもしれませんが気の振れた女性ではなかったかと思います。
不憫に思った家族がドライブしていてあの時間たまたま道の駅で休憩していたのだろう、と思いたいです。



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    怖すぎる…

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事