祖母「お前に体中を針で刺される夢をみた…」

不思議 0件
no image

412:
怖いっつーか、不思議な話?

20年ほど前、まだ俺が小学生の頃のこと。
当時、俺はクラスでイジメを受けていた。
今考えるとそこまで深刻ではなく、からかいの対象程度だったんだが
当時の俺には凄く恐くて、そいつらが病気になって学校休んでくれないか、とか 事故にあってくれないか、とかそういうことを毎日考えていた。

ある日、ふと思いついて、両親の部屋にあったキューピー人形と
裁縫箱から針を持ち出して、そいつらの名前を書いた紙を人形にはりつけ
呪いの藁人形代わりに、顔や体にグサグサと針を刺していった。
10本くらい刺して、それは引き出しの奥深くに片付け
翌日、そいつらが死んでたらいいなあ、と思いながら眠りについた。

残念ながら翌日、そいつらは死んでなかった。
いつものように学校にいき、いつものようにからかわれた。

ところが、夕方祖母から電話があった。
「昨夜、お前に体中に針を刺される夢をみたけど、何か変わったことはないか?」と。
誰にも見られてないはずだから偶然なんだろうけど、昨日の今日なので俺は大いに焦り泣きながら婆ちゃんに謝った。
婆ちゃんは「いいよ、いいよ」と許してくれた。

日曜、婆ちゃんがうちにきてくれて、婆ちゃんと近所のお寺にいって事情を話して人形を引き取ってもらった。
お寺の住職さんは学校の先生を兼業でやっている人らしく、俺の話を聞いてくれて
「そういう人間はどうしても出てくるから、他に仲の良い人をつくりなさい。
嫌な事ばかり見たり考えていては、人間どんどん悪い方向へいくからね。
できるだけ良いことを考えなさい」といわれた。
翌日から、俺はからかってくるヤツを無視して、別の同じゲームが好きなヤツと遊ぶようになった。
しばらくした、そいつらからのらからかいもなくなった。

霊感ゼロの自分が、人生の中で唯一あった不思議な話でした。

 

415:
>>412
あぁ、似たような体験したの思い出した。

中学の頃ヤンキーの先輩に目をつけられて、手下の後輩(私の同級生)をつかって陰湿な嫌がらせをされていた時期があった。
子供だから逃げ場は無いし、毎日辛くて412と同じように藁人形思い出して、和紙で紙人形を作ったんだ。
で、胴体にヤンキー先輩の名前書いて、目玉あたりを何度も何度も針で刺したの。

そしたらその先輩、次の週に眼帯してきてさ。
まぁ大したことはなかったらしくてすぐ外れたみたいだったけどすっごく怖くて、しばらく自分のした事に落ち込んだ。
ただそれ以降そのヤンキー先輩は絡んでは来なくなった。

呪っても後味悪いだけだってことがよくわかった。
でも大嫌いな奴は今でもいるから、そんな時は塩まじないで気分転換。
で、終わったらなるべく嫌いなやつのことは考えない。
呪うほど執着するより無関心を心掛けていると、嫌いな相手は勝手に自滅してる率が高いような気がする。
まぁ、塩まじないも塩呪い、って書くけどね

 

416:
呪いかぁー本当に掛けれるならやってみたいわ

 

417:
結果的に自分が代償を支払う事になるだけだから、変な物に憧れん方が良いよ

 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事