もう一人の家族「田中さん」

恐怖 1件
no image

実家には家族以外の住人がいる。
その誰かを「田中さん」と呼び、
親しみを感じていたのだが───



少し長いけど実家にいた幽霊の話を聞いて。
実家は一戸建てなんだけど、2階でよく不可解な物音とか
誰かが部屋に入っていくのが見えたのに行ってみたら誰もいなかったとかがよくあって
家族の中で何かいるんだろうなぁってなってたの。
で、幽霊って思ってると怖いから「田中さん」って名前付けて親しみを持とうとしていたのよ。
「なんか変な音する」「田中さんじゃない?」って。
不思議なことに、「ああ、田中さんならいいか」って思えてくるわけ。

わたしは大学から実家を出て一人暮らしをしていたんだけど、帰省したときに「田中さん最近どう?」って親に聞いたら「いなくなった」って言われてさ。
当時、実家では犬を飼い始めていて(しかも5匹)
田中さんは絶対犬がうるさいのが嫌になって出て行ったんだと思った。
親には「田中さんの気持ちも考えてよ!」とか言った気がする。

でも、帰省中自分の部屋で寝てたら毎晩金縛りにあうわけ。
金縛りって霊的なものもあるだろうけど、自分に起こるのは全部体の疲れだと思ってた。
でも毎晩はさすがにおかしいなと思って家族に言ったら、
「あんたの部屋、普段物置になってて犬が入らないから、田中さんが避難してるんじゃない?」って言われた。
あー、そうなのかもな、まぁ田中さんならいいか。って思った。

で、帰省のたびに金縛りに苦しめられていたんだけど
今年の正月から金縛りがまったくなくなった。
とうとう田中さんがいなくなったんだと思って少し寂しくなった。
それで気付いたんだけど、わたし帰省すると必ず左目がすごい腫れていたんだよね。
肌が強くないから、環境の変化で腫れていたと思っていたんだけど
田中さんがいなくなった途端その腫れる症状も一切なくなった。
今年のお盆に帰ったときも、金縛りも左目の腫れもなかった。

目が腫れるのも田中さんの影響だと思ったら、それまで親しんでいた田中さんがなんか怖くなった。
実害があるのかよって。
ていうか、実家はじいちゃんが土地を買って一から建てた家だから
前に住んでいた人が~とかもないし、地鎮祭もちゃんとやってるはずだし
田中さんは一体なんなんだ? どっから来たんだろう。
なんで2階にしか出てこなかったんだろう。
そんな感じで、いなくなってから田中さんがいろいろと怖くなった。

おわり。



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    ちょっと霊障起こしてみたのに「田中さん」の愛称で親しまれて…。
    怖がらせ甲斐が無かったのか、「ごめんなさい!あたい本当はそんな良い子と違うの!」っていたたまれなくなったのか…

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事