家には俺しかいない、でも人間の色の何かがいる…

恐怖 1件
no image

帰宅途中、あの芸人そっくりな奇妙な女性を見た俺。
追越し、ふと振り返り、彼女をよく見てみる。
どこかが間違っている───



今年のはじめごろなんだけど
夜の六時過ぎに帰宅中、異様なアイメイクで垂れ目に黒い口紅、スーツを着た女性を見ました。
ブルゾンちえみみたいな奴だったわけです。
その人は横断歩道のところでジーっと車を目で追ってて怖かったんですねかなり。

それで俺は目を合わせないように
そのブルゾンちえみの横をチャリでスーっと通ったんです。
これで終われたらいいんですが、そのときつい振り返ってしまったんです。

ブルゾンは合いも変わらず車を追っていましたが、何かおかしい。
濃いメイク以外に何か間違ってる。
最初は暗くてよく見えなかったんですが、よく見ると、そいつ足が無いんです。
奇形の方とかそんな意味じゃなくて左足が千切れてるんです。
血が出てました。
俺はびっくりしてこけそうになったので
とりあえずチャリを止めました。

ブルゾンは一瞬俺のほうを向きました。
物凄い無表情で気持ちが悪くなった俺は急いで帰りました。
その日はそれ以外に何もなかったんですが、
その次の日からおかしなことが起こり始めました。
職場で仕事中に何か視線の端にちらつくものを感じるんです。
何なのか確認しようとそっちを向いても何も無い。
それからデスクの下で誰かの足を踏んだような感覚がしたりしました。
勿論、デスクの下には誰もいません。

そんなことが一週間ばかり続き、怖いというかあのブルゾンちえみに苛苛してきました。
家の近くに神社があるんで取り敢えず神様になんとかしてもらおうと思った俺は
五円玉を持ってそこにいきました。
そこの神主さんを見たことは一度もなかった(いないのかも)のですが
いつもお参りしているお爺さんがいて
俺の方を見て顔面蒼白になって「うへぅあ」(?)って感じのことを言ってそそくさと出て行ってしまいました。
若干腹が立ったのですが、さっさとお金を入れて拝もうと賽銭箱の前に行きました。

賽銭箱の前にあの何て言うんですか、小さい小屋があるじゃないですか
神様が祭ってあるという小屋。神主さんの住処なんだっけ?
そこにガラスの戸が付いてたんですけど
お賽銭入れて顔上げたら

ガラスに映った自分の後ろに立ってたんですね、
ブルゾン。

死ぬって思いましたね。
勿論よくある話ですが後ろを振り向いてもいない。
しかしよくある話でないのは、前を見たらやっぱガラスには映ってるんですね。
こいつ、ずーーーーーっといたのかよ…
それこそ「うへぁ」ってなりましたよ。
叫び声もでなかったのでとりあえず走って逃げました。
泣きそうでしたよ。
真面目に。

帰ってからとりあえず鏡の前で後ろにブルゾンがいないか確かめました。
いなかった…。
ほっとしたところで怖かったけど風呂に入らないわけにもいかないと思い、入りました。
入ってからしばらくして体を洗いながら脱衣所の方を見ると曇りガラスに肌色のものの影が…
今家には俺しかいない…でも人間の色の何かがいる…
また泣きそうになっているとそいつはゆっくりこちらへより曇りガラスに顔をおしつけました。

あギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺は取り敢えず叫びました。
どっかの人が駆け込んできて助けてくれることを期待していました。
助けは現れませんでしたが、取り敢えず目の前の奴はいなくなっていました。
そとに出るのが怖かったんですが、風を引きたくないので松たか子のレリゴーを叫ぶように歌いながら飛び出して即効で着替えて部屋に行きました。
窓ガラスに映ったら嫌なのでカーテンをしめようとしたら顔があったんで心臓が止まりそうになりました

 

…これが一時間前までの出来事です。
さっきから書き込もうとするたびに電源が落ちます。
今、パソコンから「ぎゅ、ぐにゅ、うゅ…」って音がしてます。
電源落としたら真っ暗なパソコン画面にあのブルゾンがいそうで怖いんです…
お祓いを神社に頼む方法がよくわかんないんですけど、
行った方がいいのかな…。
あ、また後ろで変な声がしました。
友達にも相談してるんですが、「ブルゾンみたいな…」で笑い飛ばされるんです。
怖いよブルゾンちえみ!
とりあえず今はばあちゃんに祈ってます…



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    >賽銭箱の前にあの何て言うんですか、小さい小屋があるじゃないですか
    >神様が祭ってあるという小屋。神主さんの住処なんだっけ?

    創作怪談でありがちな「専門的な事わかんないです」と強調する無意味なアピールか、
    それとも単に読み手をイラつかせたいだけなのか
    「小屋」を「建物」て変えるだけで全然印象変わるのに。

    しかし賽銭箱の前にある小屋、という表現がよくわからんな
    建物の前に賽銭箱がある、か賽銭箱の奥に建物があるならわかるんだが。
    仮に創作でないとしたら、境内の構造物を賽銭箱を焦点に把握しているわけで、あっち系の人なのかナチュラルボーンのあれな人なのかわからんが、「つい魔が差して」賽銭ドロとかしちゃいそう。
    と感じた。

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

人気記事