「いーれーて」…学校でかくれんぼしたときの怖い話

恐怖 0件
no image
季節は冬、雨が降る日。
人が少なく暗い放課後の学校内でかくれんぼをすることに。
チキンな私は、友達のAちゃんと一緒に隠れることにしたのだが───



私が高校2年生の冬に体験した話です。
当時私は部活などやっていなくて、放課後にはいつも仲良しメンツ5人で集まって遊んでました。
その日は、冬+雨ということもあり部活のある生徒以外はすぐに下校していたのですが、
ノリで5人でかくれんぼをしようってことになって、学校内(広すぎるためエリア制限はいくつか作りました)でかくれんぼをすることにしました。
じゃんけんで負けたI君が鬼になり、みんなバラバラに学校内に隠れたんです。
私はチキンだから暗く人が少ない学校内で一人でいたくなかったため、
友達のAちゃんを探して一緒に隠れようと思いました。

ケータイで電話し、どこにいるか聞いたところ
「2-Cに隠れてる」
と教えてくれたので、すぐに2-Cに行くと
電気の消えた真っ暗な教室の奥にAちゃんが隠れてました。

外も暗くてお互いの顔もよく見えない状態でひそひそ話ながら隠れていました。
私「かくれんぼ楽しいね」
A「うん」
私「でもちょっと怖いね」
A「うん」
私「…幽霊とか出てきそう」
A「(なんかつぶやいたけどきき取れない)」
暗くて良く見えなかったもののその後Aちゃんは無言で私の方を向いていました。

すると、いきなりガラッとドアが開きI君が教室に入ってきました。
I「おっ二人みっけ!誰?」
A「やだー!暗い教室で二人きりとかやらしぃー笑」

???一瞬意味がわかりませんでした。
今隣で一緒に隠れているはずのAちゃんがI君の後にいたんです。
私はぞっとし心臓はすごい早さで鳴っていました
A「電気つけるよー」
一瞬で教室内が明るくなり、すぐに横に目をやると誰もいませんでした。
ホッとしたと同時に真後ろから

「いるよ」

と声が聞こえ私はあまりの怖さに急いで教室から逃げ出しました。
この話を4人にしたところ、私がAちゃんに電話をした時、Aちゃんは既に見つかっていて
私の電話はノイズのようなザーっとした音と途切れ途切れの私の声、その私の声とかぶさるように

「いーれーて」

というクリアな声が聞こえたらしいです

文才ないので怖さつたわらないかもですが、私的に1番怖い体験でした



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事